輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「闇が落ちる前に、もう一度」山本弘 読みました! 「本日の1冊(13748)」


闇が落ちる前に、もう一度
著者 山本弘
角川文庫
評価 ★★★★☆

神は沈黙せず を読み、その凄さに唖然とした 山本弘さんの短編集。

闇が落ちる前に、もう一度
屋上にいるもの
時分割の地獄
夜の顔
審判の日

の5編が収録されてます。

どれも、神は沈黙せず を思い浮かべさせます。

この中では”屋上にいるもの”が怖くて良かった。

過去に殺人があった部屋とは知らずに借りた主人公。
色々聞いて行くうちにその小学生の娘と父親が行方不明なのを知る。
こ例外にも近所で行方不明者がいる。

そして夜ごと屋上から聞こえる リズミカルな音。
聞き込んでいくうちに娘には公園のハトや飼い主のいない猫などを引き寄せる不思議な力があったらしい事がわかる。

そうこうしている内に隣の住人が飛び降り自殺をするという事件が起きる。
夜ごと聞こえてくる、音と関係があるのか・・主人公が屋上にいくとそこには・・


審判の日 は 突然、回りの人々が消えてしまう話、残った人々の共通点は・・
それは神の意志なのか、 失恋したばかりの女子高生は世界の終末でヒロインを救う夢を描いていた男の子と出会う。 残った人々の異常な行動が目立ってきた中、世界の秩序は崩壊していく。 

山本弘さん アイの物語が 良さそうなので、近々読みたいと思います。(*^_^*)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

この宇宙はどうして生まれたのか?宇宙の果てはどうなっているのか?“宇宙の本当の姿”を追い求め、ある独創的な理論に到達した宇宙物理学者。しかしこの理論に従うと、宇宙の寿命はわずか17日間ほどでしかなくなる。バカバカしいまでの理論の誤りを証明するために、彼は大がかりな実験を始めたのだが…。表題作のほか4編を収録。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)
スポンサーサイト

作家ヤ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<へんなものコレクション | ホーム | 「天使の囀り」貴志祐介、読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

わ~♪これまたすっごく面白そうな作品!
表紙やあらすじから、なんとなくSFを想像してしまいますが、
日向さんの感想を伺うとSFミステリーに近いのかな??という気もしますねぇ(*^^*)
「審判の日」が好みのような気がしてなりません(笑)
また少しずつ怖い話に飢えてきたので、この本是非読んでみようと思います♪

山本弘さんって、どっかで聞いたような…と思っていたら、
「海の底」のレビューを書いた時に、日向さんに「MM9」の事を教えてもらったんでした♪
「神は沈黙せず」という作品もすごく気になりますねぇ…。
2009-08-02 Sun 21:55 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは!!
この本はSFとホラーの中間みたいな感じです。

神は沈黙せずは絶対のお勧めなので機会があったら是非、手に取ってみてくださいね。後悔はしない筈ですよ。(*^^)v
2009-08-02 Sun 23:20 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちはー☆
山本弘さん、初めて知りました。
表題作はなんだかムズカしそうな感じがしますが、
短編集だといろいろな話があって読みやすいかも…と思いました。
「神は沈黙せず」と合わせてチェックしてみまーす。
2009-08-03 Mon 12:57 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは!!
表題作はちょっと書き込み不足な感じを受けますが他は良かったです。短編集なのですぐ読めると思うので是非挑戦してみてください(*^^)v
2009-08-03 Mon 23:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。