輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「蛇行する川のほとり」恩田陸を読みました。 「本日の1冊(13748)」


蛇行する川のほとり
著者 恩田陸
中公文庫
評価 ★★★★☆

面白かったです。恩田さんらしい作品で満喫しました。
リアルよりのファンタジーといってよいか。
麦海まではいかないけど、雰囲気は似ています。
表紙絵も素敵です。

少女から女性に変わる多感な時期、高校生。
彼女たちの夏の出来事。

舞台背景のための大きな絵を描くために川のほとりにある美術部の香澄先輩の家に合宿する。
毬子、芳野、そして香澄。

香澄と芳野は誰が見ても、憧れる美人で聡明で超越している感じの先輩。
そのふたりから誘われた毬子。

そんな毬子に親友の真魚子は警告する。
”気をつけなよ。二人は、なにか企んでるから”

同じ警告を待ち伏せされた他高の男子生徒からも言われ不安になる毬子。

第二部の終わり、香澄と毬子が自転車で真魚子を迎えに行くところ。えっ声をあげてしまいました。

関係はあまりありませんが

作中にレベッカの話がでてきて嬉しくなりました。

それと真魚 が空海の幼名だったこと・・夢枕獏の小説で読んでてきたことを思いま出しました。

やっぱり恩田さん大好きの感を強くした作品でした。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「創元SF短編賞 創設」 | ホーム | ハヤカワ文庫トールサイズ化記念のブックカバー>>

コメント

こんばんは~♪

恩田さんの描く、独特の世界観って、
ホントに魅力的ですよね~^^
『麦海』は、私も大好きな作品で、
それと似た雰囲気なら、
この作品も楽しめそうですね♪
私の読みたい本リストにも
早速入れておきま~す(^^)/
2009-06-28 Sun 17:50 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは!!
この作品、良かったです。
作中、ショックな場面がありますけど・・・。
2009-06-28 Sun 21:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さんのレビューを伺いながら、これはもう一度読まなくては!!と思ってしまいました^^
忘れている所も沢山あるし、当時は「レベッカ」も読んでいなかったので、、、
今読んだら、また違った感想を持つことができそうです♪

ショックな場面もあるし、思わず切なくなってしまいますけど、この雰囲気すごく良いですよね。
少女達の過去の一場面を切り取ったかのような、どこかセピアがかった映像が頭に思い浮かびます。
これは夏の間に読みたい作品ですよね♪
2009-06-28 Sun 22:36 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは!!
面白かったけど、ショックでした。

恩田陸さん、うまいですね。あらためて思いました。(*^_^*)
2009-06-28 Sun 22:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。