輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「第13回 蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41975)」

お待たせしました。虹子の物語 第13回目です。

次回、中学生編、最終回の予定です。

いままでお付き合いありがとうございました。感謝、感謝です。


感想、リクエストがありましたら宜しくお願いいたします。(*^_^*)


第12回へ



 第13回 蜘蛛の女王・・・虹子の物語

(7)虹子とその蜘蛛 (承前)
 紫は虹子の意識を探した。虹子さん・・・虹子さん。なかなか見つからない。
虹子の人格は分裂と統合を繰り返していた。虹子と蜘蛛の虹子。そして本来の虹子の影が薄くなり、原始的な虹子の精神が蜘蛛のイメージにそって作り上げた人格に支配され様としていた。
 紫は呟く「これは紅葉に任せた方がいい。精神の問題は信頼関係が一番、技術は二番目だから・・・」

虹子の痣に手を当てて、状況を探っていた紅葉は瞬時に母の思いを理解した。母と入れ違いに虹子の中に潜り込む。紅葉は衝撃にうたれ、言葉を失くした。原始的精神、生き残るための残虐性、攻撃性、自己中心的な精神に覆われた蜘蛛が虹子の心を覆っていた。
 [虹子、戻ってきて」紅葉は必死に本来の虹子を探した。消滅した筈はない。必ずどこかに虹子がいる。まずは自分が落ち着かなくてはいけないと紅葉は自分に言い聞かせた。
 虹子の心を探す。この前の様に虹子の心全体を覆うようにする。
 しかし、蜘蛛に囚われた原始虹子の精神はその紅葉の心を排除しようと攻撃して来た。
 逆に紅葉を覆い潰そうと上から下から、左右から巨大な暗黒の壁が迫る。そこには怒り、憎悪、恐怖の心が渦巻いていた。壁の表面が渦状に蠢き、紅葉を吸い込もうとする。
虹子の蜘蛛はもとはと言えば紅葉の蜘蛛の子。土蜘蛛の力の根本には、原始的、根源的な力が眠っている。それは、大きな力なのだが、それに支配されたら大変な事になる。土蜘蛛の一族はその長い歴史の中で制御する統べを身に着けてきた。紅葉も紅葉の母も土蜘蛛の末である。生まれながらに制御する統べを持ち合わせていた。虹子を仲間とした時、そのことを思慮しておくべきだった。しかし、その時の紅葉は虹子を思うあまり仲間になってもらう一心だった。仲間になってからは紅葉は虹子を守ると固い決心をかためていた。だから、この危機は自分が解決しなくてはいけないと紅葉は必死だった。自分の生命にかえても虹子を守ろうと思った。

 「虹子じゃない!これは虹子じゃない。虹子ー」正面の壁がいつの間にか蜘蛛のあぎとにかわっていた。くわっと大きく口を開ける。紅葉は巨大化して吸い込まれるのを防ごうとした。
 間に合わなかった。一瞬、遅れた。口の中に吸い込まれていく。その牙にぎりぎりと囚われる。紅葉は絶叫した。次の瞬間、紅葉の(蜘蛛の)体は頭と胴体のふたつに引きちぎられた。虹子の体全体、精神全体に紅葉の叫びが轟く。紅葉は必至に体の再構築を図った。

 「紅葉!!」紅葉の危機に虹子の心が反応した。支配されかけ小さく、小さく精神の片隅に追いやられていた虹子の本来の姿が紅葉の精神に共鳴した。原精神に支配された蜘蛛の虹子が急速に縮小し本来の虹子の精神に覆われた。主客転倒の瞬間だった。

 紅葉の体が一体になっていく。
 「虹子!」
 「紅葉!」
 二匹の蜘蛛は本来の姿を取り戻していった。
 「虹子。ありがとう。逆にたすけられちゃったね」
「ううん。私がいけないの。まだ、蜘蛛と自分の分離、扱いをしらないのに自分一人で蜘蛛を扱おうとしたから。そしたら、逆に蜘蛛にのっとられてしまったみたい」
 「虹子。わたしがついていながら、こんな危険な目にあわせてしまった」紅葉の心は打ちひしがれた。

 それは、本当の意味で虹子が土蜘蛛の仲間になった瞬間だった。
 (つづく)

第14回最終回へ

最近、ちょっと忙しくて皆さんのブログに訪問できません
週末には行くつもりですのでご勘弁を m(__)m
スポンサーサイト

創作 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「第14回(最終回) 蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「第12回 蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さんおはようございます♪
今回も読み応えたっぷりでしたね(*^0^*)

虹子と紅葉の精神の世界のお話なのに、まるで情景がありありと浮かんでくるようで驚きました。
きっと、これからもずっと虹子と紅葉は本当の意味での友達でいるんでしょうね♪
次回で中学生編は終わりですか、なんだか寂しい気がしますねぇ…
2人の後日譚も楽しみにしています!!
2009-06-20 Sat 07:45 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちは~♪

今回は、紅葉と虹子がこのままどうなっちゃうのかと、
ちょっとハラハラ、ドキドキしました~(^_^;)
これからも、紅葉と虹子が二人仲良く
一緒に成長していってほしいですねぇ…
これからも、姉のような気持ちで
見守っていきたいと思いま~す(笑)
続きを楽しみにしていますね~(^^)/
2009-06-20 Sat 16:36 | URL | miwa125 [ 編集 ]
nanaco☆さん
コメントありがとうございます。

中学生の虹子と紅葉のお話は終わりますが、また会える様に話、頑張りますね。(*^_^*)
これからも宜しくお願いします
2009-06-20 Sat 22:04 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは!コメントありがとうございます。

今、最終話をアップしたところです。読んでくださいね。

どんな感想をもっていただいたたか凄く気になります。

感想まってま~す。
ありがとうございました。(*^_^*)
2009-06-20 Sat 22:06 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。