輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「第11回 蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41975)」

お待たせしました!!11回目をお届けいたします。
土蜘蛛の秘密を知り一晩あけた虹子。これからどんなことが待ち受けているのでしょう?

ここでちょっと、発表します。

中学生編をあと何回かで終了し、第二部で高校生編を書きたいと思います。
夢で終わらない様頑張りますね。

引き続き応援宜しくお願い致します。

第1回 蜘蛛の女王・・虹子の物語  第2回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第3回 蜘蛛の女王・・虹子の物語  第4回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第5回 蜘蛛の女王・・虹子の物語  第6回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第7回 蜘蛛の女王・・虹子の物語  第8回 蜘蛛の女王・・虹子の物語 
第9回 蜘蛛の女王・・虹子の物語  第10回 蜘蛛の女王・・虹子の物語





第11回 蜘蛛の女王・・虹子の物語

(6)紅葉の苦悩 (承前)

 夜が明けた。虹子と紅葉にとって新しい世界の初めての一日が始まった。それは虹子にとって、そして紅葉にとってとても意味のある一日だった。
のちに二人は事あるごとに昨日、そして今日の一日を思い出す事になる。

 今日も真夏のじりじり暑い一日になりそうだった。朝も遅い時間に二人は起き出した。

「おはよう。虹子。寝られた?」紅葉が不安そうに聞いた。
「うん。おはよう。紅葉。昨夜はすごく、不安で怖かったけど。途中、なんだか暖かい気持ちになった様な気がしたよ」

そのときドアの外で二人を呼ぶ声がした。紅葉の母だ。

「起きたら、ちょっと遅いけど、ご飯にしましょ。朝と昼がいっしょみたいな時間だけど。虹子さん今日はゆっくりして夕方帰ればいいでしょ?送って行くわ」

「はい。家に連絡しておきます」虹子は以前に感じた遠慮はまったくなく素直に返事した。たった一日で・・。

気持ちの整理なんて出来なかった。だけど受け入れるしかない。これを諦めだとは思いたくないと虹子は思った。もう、生きていく限り、土蜘蛛の仲間なのだから。
ある意味、この関係は親子以上の強い関係になっている様に感じはじめていた。

朝食の時、紅葉のお母さんが話した。今日は着物姿ではなくタンクトップに細見のパンツ姿だった。

 昨夜の妖しい雰囲気は昼の光の中幾分和らいで見える。ただ紅葉と同様、肌は異様に白い。左の二の腕に自然に目がいく。
蜘蛛の形の痣がはっきり見える。驚いた事に右腕にも痣が見えた。やはり蜘蛛の形をしている。
「虹子さん。虹子さんにとって突然の出来事で、一晩しか経っていなくて、まだまだ不安でしょうが、だんだん慣れてくると思うわ。自分の事を二人目の母だとおもってくださいね」

「!!!!」虹子は思わず自分の右腕を見る。ない。痣は見えない。痣があるのは左腕だけだった。

「あの・・紅葉のお母さんには・・痣が両腕にあるの?」

「そうなの」紅葉が言う。「お母さんはね。一度に二匹以上の蜘蛛と意識を共有できるの」
それがどんなに凄いことなのかその時、虹子は判らなかった。

食事のあと、紅葉の部屋に行き、また二人で話をした。

「虹子。ごめんね。虹子のこれからの事に私は一生責任を持つ覚悟だから。・・・」紅葉が思いつめた様に言った。本当の事を言っている。解る。それが今は解る。
今まで何か秘密めいて感じていた紅葉の言動が今はまったく違って見える。紅葉は嘘を言っていない。それが自然に解るのだ。
「紅葉。そんなに思い詰めなくても・・・」
「そんな事ない。虹子にとって蜘蛛の事はとても重要な変化だから。それを断わりもなく、こんな事をしてしまったんだから」

これ以上言っても紅葉は聞きそうにない。虹子もおれた。
「わかったよ。わたしも紅葉と一緒だよ。なんだか不安な気持ちが軽くなった気がするよ」

少し、紅葉の表情が明るくなった気がした。それが嬉しい。こんな気持ちはじめてかもしれない。

(つづく)

第12回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
スポンサーサイト

創作 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「第10回 蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」 | ホーム | 「普段ノートの事」>>

コメント

大変ご無沙汰しております。
自作小説を執筆されていたんですね。(^^)
なんと、今日で11回目ですか!(@o@)
時間を見つけて、読ませていただきます。m(_ _)m
2009-06-10 Wed 06:09 | URL | カトミノ [ 編集 ]
こんにちはー☆
なんと高校生編に続くんですね!!
そろそろ終わってしまうのかなぁと寂しく思っていたので、びっくりです!
それを伺ってから読んだせいか、新たな物語につながる明るい回かなぁと思いました。
虹子と紅葉もまた深い絆で結ばれたんですね。
ますます広がる蜘蛛ワールドが楽しみです~♪
2009-06-10 Wed 13:15 | URL | まる811 [ 編集 ]
日向さんこんばんは♪続き楽しみにしていました!!

今日のストーリーは、なんだか未来への希望に繋がっているような…
虹子の前向きな気持ちが伝わってきて、嬉しくなっちゃいました(=^^=)
それにしても、一度に二匹以上の蜘蛛と意識を共有できる紅葉ママ、何者?!笑

そして二人の高校生編も読めるとのことで、ますます楽しみになってきました♪
是非長編にしてくださいね。期待しています!!
2009-06-10 Wed 20:36 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
カトミノさん
こんばんは!!
是非よんでみてくださいね。

どんな感想を持たれるか楽しみにしています。(*^_^*)
2009-06-10 Wed 23:12 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
まるさんやnanacoさん、miwaさんのおだて?にのって続けて見ることにいたしました。

高校生の紅葉と虹子もお楽しみに(*^^)v
2009-06-10 Wed 23:14 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは!!

いつも暖かい応援ありがとうございます。
続けていけるのもnanacoさんはじめ皆さんが読んで感想を書いていただけるからです。

もう少し続けるつもりですので宜しくおねがいいたします。(*^_^*)
2009-06-10 Wed 23:16 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは~♪

虹子にとっては、すごく勇気のいる決断(!?)だけど、
紅葉がついている限り、
決して辛いものにならないような気がしますね(^^)
第2部の高校生編に続くということで、
これからも楽しみにしています(^^)/
2009-06-11 Thu 18:42 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~!
いつもコメントありがとうございます。
励みにすごくなります。

読んでいただいてすごくありがたいです。

紅葉と虹子の友情がいつまでもつづけばいいなとほんと思います。(*^_^*)
2009-06-11 Thu 20:16 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。