輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「花物語(下)」吉屋信子、読みました。


花物語(上)

花物語(下)
著者 吉屋信子 
河出文庫

評価 ★★★★★

この味わい深い珠玉の小品の数々、一気によんでしまったらもったいないです。

大正から昭和にかけて女学生たちの女どおしの憧れが淡い恋心でつづられています。

自分が読んでもその可憐さがしみてくるのですから若い女性が読めば・・・。

とはたと考えました。
現代の情報氾濫時代にいきるうら若き女性たちにこの作品は受け入れられるのだろうか と。

今の女性の感想を凄く知りたいと思う一冊です。

郷愁、若き日の美しき日々。可憐な花にたとえて・・・。

きまぐれに近くにおいて読みたい本です。
スポンサーサイト

作家ヤ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「普段ノートの事」 | ホーム | 番外編 創作裏話>>

コメント

下巻のレビュー楽しみに待っていました(*^o^*)
上巻に続き面白さは失われていないようですね♪

>うら若き女性たちにこの作品は受け入れられるのだろうか
nanacoはまだうら若き…に入るでしょうか?!笑
どんな作品なのか興味津々なので、これは是非読んでみたいです(*^^*)
2009-06-07 Sun 21:38 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
もちろん入ります(*^_^*)
上巻だけでも読んでみてください!!
どんな感想か凄く知りたいです。(*^^)v
2009-06-07 Sun 21:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちはー☆
一気に読んだらもったいない、ってすごい褒め言葉ですね。
ではわたしもちびちびと読んでみることにします。
あー、でも女学生から約10年たったので淡い恋心は理解できなくなってるかもしれません…
のちほど連載小説読みにまた伺いますー☆
2009-06-08 Mon 16:38 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは!コメントありがとうございます。
是非味わってみてくださいね。

思い出しますよ・・・?。

蜘蛛の女王の10回も是非、感想教えてくださいね。
2009-06-09 Tue 00:26 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。