輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第5回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」

第5回をお届けします。

今回からいよいよ紅葉の正体がじょじょにあかされ、お話は終末にむけ加速していきます。
(予定)

連載している間は本を読むのにも身がはいらないので、今週、来週で最後まで書こうと思っています。

こんな良く分からない話を読んでいただきほんと嬉しいです。
今、暫くお付き合いくださいね。

第1回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第2回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第3回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第4回 蜘蛛の女王・・虹子の物語



第5回
(4)虹子、虫取りに行く (承前)

午後から天候は怪しくなってきた。時々、ごうと風がなり、木々を揺らした。湿った地面の上を吹き抜ける。

「紅葉、そろそろ帰らない?なんか雲行きも変だし」西の空が黒い雲で覆われはじめたのを見ながら言う。
「そうだね。雨が降る前に帰ろう。」

丘の上公園のからちょっと奥にある神社を過ぎたところまで来ていた。そこはちょっと高い木々が途切れていて開けていた。草が一面に茂っていた。落ち葉が溜まって腐葉土になっている一角がある。その横を通り、家路につこうとした。風がなる。紅葉の白い腕が虹子の背を押す。

思わずよろめき、腐葉土の上に足を載せた瞬間、地面が割れ、落下した。一瞬、短い悲鳴をあげた。
「紅葉・・・・」数メータ滑る様に落ちた。底についた、強烈な痛みが右の足首に痛みが走った。
「紅葉。助けて!」数度叫んだ。見上げると少しの明かりが漏れてくるだけで殆ど上の様子は判らない。

「紅葉。いるの?」長い沈黙の末、紅葉が穴を覗きこむのが分かった。声が聞こえたきた。それは普段の紅葉の声ではなくてずっと低く、ゆっくりしたものだった。黒髪がたれ、顔全体が暗く隠れて見える。目が西に傾き始めた日の光が木々の隙間かをぬって光を映す。

「虹子。私たちの仲間になって・・・その為にここに連れてきたの。」
「何の事、それより先にここから助けて。なんかロープみたいなもの探してきて」

無言。無言。風がヅ頭上を通り越して行く。ビューと鳴る。風と風の合間。小さな、小さな、聞こえるか聞こえないか音がする。ゾワ、ゾワ。右の足首を中心に腫れてきた。小さな虫が足に這い上がってきた。何故か体が言うことを聞かない。

突然、頭上から声が降ってきた。
「虹子。怖がらなくても大丈夫だから。すこしの間、体がうごかなくなると思うけど。そして夢をみるの。」
「また直ぐ来るからあんまり心配しなくていいよ。暫くお別れね。」

紅葉が去っていく気配がした。小さな虫はどんどん増えてきた。上の明かりも暗くなってきたきがする。
紅葉の白い肌の上の蜘蛛が目に浮かぶ。舌のしびれが蘇ってくる。チクリと虫に刺された。すぐそこから痺れが拡がってきて虹子は意識が遠のく。

小さな虫は体全体に廻ってきて、背中にも這い廻ってきた。全身が目になり背中をみる。小さな虫の小さな口が虹子の背中の肌に穴を開けようと噛みついてくる。ぞわり、ぞわり、ぞわり。

大きな蜘蛛が近づいてきてた。薄れていく意識の中で必死に払おうとする。服の下に潜り込んでくる。体は微かに動かす事ができるのみ。

身をよじり体の重みで押しつぶそうとしてみる。動かない。動かない。恐怖は頂点に達し、意識を失う。蜘蛛は虹子の左の二の腕に止まる。
糸をはきだし、腕を何周もまわり、蜘蛛自身を糸の中に閉じ込める。やがて腕に吸い込まれて蜘蛛の形の痣になっていく。

(つづく)
第6回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「ユダヤ警官同盟(上)」マイケル・シェイボンを読みました 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 第4回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」>>

コメント

こんにちは~♪

ますます面白そうな展開になってきましたね~。
じわじわと怖さを感じます…^^;
思わず、自分の腕に蜘蛛の形の痣がないか
確かめてしまいました~(笑)
この先の展開がとっても気になります!
続きを楽しみにしていますね(^^)/
2009-05-23 Sat 16:11 | URL | miwa125 [ 編集 ]
困りました!!
恐いの超苦手なのに読んじゃいます!!
眠れなくなったらどうしましょう?!

…でも続きが気になります(笑)
2009-05-23 Sat 22:35 | URL | gineiden0930 [ 編集 ]
わわわ…思わず鳥肌が立っちゃいました。笑
怖い、怖いのに続きが気になってあっという間に読んじゃいます!!
肌に入り込んでくる虫も恐ろしいですが、
黒髪に隠された紅葉の顔にはどんな表情が浮かんでいたのか…
真っ赤な目をしていたのか、恐ろしい笑みを浮かべていたのか、なんて色々想像しちゃいます…笑
続きを楽しみに待っていますね♪
虹子がどうなってしまうのか、すごく気になります~(><)
2009-05-24 Sun 09:05 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは!
読んでいただきありがとうございます。
すごく嬉しいです。

楽しみなんていっていただき続きを考える励みになります。もう少しで終わると思いますので宜しくお願いします(*^_^*)
2009-05-24 Sun 16:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
gineiden0930さん
読んでいただき凄くうれしいです。

怖いですか?もし不快な思いをさせたらごめんなさい。

良かったら最後まで読んでくださいね。
2009-05-24 Sun 16:25 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
コメントありがとうございます。

登場人物に愛着がでてきて(特に紅葉)考えていたラストを変更しようかと・・・・どうしよう(*^^)v

また読んでくださいね(*^_^*)
2009-05-24 Sun 16:27 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。