輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第4回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」

第4回目をお届けします。

今回も短くてちょっと気を持たせた終わり方です。(*^_^*)
実は続きを良く考えていないだけだったりします。


第1回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第2回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
第3回 蜘蛛の女王・・虹子の物語



第4回
(4)虹子、虫取りに行く

 いつもなら、本を読みながら、自然に眠りにつくのだが、昨日は紅葉の事があったので本に手さえ触れなかった。こんな事は年に何回あるか。それだけ大きな出来事だったのだ。ベットの頭の方においたメガネをかけ這い出した。昨夜、紅葉は普段とかわらない態度だったけど、あれは、夢なんかじゃないと思う。

窓の外は薄曇りだった。日焼けしなくてすみそう。淡い緑色のTシャツと薄地のジーンズに着替えてまっていると8時ちょっと前に紅葉がやってきた。
「おはよう!昨日はよく寝れた?」昨日の事などなにもなかったかのように紅葉が言う。だけど、昨夜の唇にのこった感触はあの事が夢ではない事を物語っていた。そんな事もあり紅葉を見るのが恥ずかしかった。目を直視するのが恐い。紅葉はそんな事、気にしていないらしくていつもと何も変わらない。

「もう、出かけられる?」玄関の向こう、紅葉の肩までかかった黒い髪が風に揺れた。今日の紅葉は薄いピンクのノースリーブのシャツの上に同じくピンクの薄地の長そでのジャケット、薄緑と茶の中間色のズボンという出で立ち。ちっちゃめのリュックを背負っている。

虹子は薄手のジャケットを肩がけのバックにいれ家をでた。
二人で並んで歩いた町は静かだった。駅まで歩いた。蒸し暑い一日になりそうだった。10分も歩くと汗が滲んできた。

紅葉に昨日事を聞きたかったけど、言い出せなかった。「昨日自分が寝てしまった時、キスした?」って聞きたかった。
それで紅葉が「うん、したよ」と正直にいってくれたらそれで、もやもやした気持ちは治まるのに・・・。

電車に乗り2つ目の駅で降りる。コンビニに寄り、お昼のおにぎりとペットボトルを買う。そこから丘の上公園まで歩いた。
はじめ緩やかな上り坂はじょじょにきつくなっていく。

「紅葉は良くここに来るの?」汗をふきながら尋ねる。
「前に一度だけ、公園に遊びに来たことがあるよ。その時はお母さんと一緒。」

途中、蜘蛛の巣を見つけて、早速見てみる、たしかに放射状の縦糸には粘着物はなく渦巻きの横糸にだけついていた。なんか面白いと思った。

「紅葉はどんな虫が好きなの」
「はじめは蝶とかトンボとかが好きだったよ。今、ブームの甲虫類はどうも好きになれないな。カミキリ虫は甲虫で害虫だと言われているけど好きだな」

公園の近くで虫を探して午前中はあっという間にすぎた。
公園のベンチでお昼にした。ジャケットをぬぎベンチにおいた。風が気持ちよかった。
紅葉も上着を脱ぐ。ノースリーブからでている腕がとても白くドキリとした。

はじめ、気がつかなかった。黒子かなにか紅葉の左の二の腕にある。見つめるのも変な気がしてなかなか見ることができない。
なにげなくチラと見る。それは10円玉くらいの大きさの虫の形をした痣だった。足を広げた蜘蛛の形をしている。紅葉が腕を動かすたびに蜘蛛の足が蠢いた。

(つづく)
第5回 蜘蛛の女王・・虹子の物語
スポンサーサイト

創作 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<第5回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」 | ホーム | 第3回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」>>

コメント

に、二の腕から蜘蛛の足がぁぁ~……(><)
紅葉の白くて綺麗な肌から蜘蛛の足…想像すると鳥肌が立ちますね(笑)
ますます面白くなってきました♪紅葉って一体何者なんでしょう?!

そうそう、紅葉の髪の毛、肩までかかった黒髪…という描写で思わず嬉しくなりました(^^ゞ
そうそう!! まさにnanacoの中ではそんなイメージなんですよ~♪
続きを読むのを楽しみに待っています!! 日向さん、早く早く続きを書いてください!!(笑)
2009-05-21 Thu 18:58 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
コメントありがとうございます。

ラストをどうもっていくか思案中・・・
悩みますね(*^_^*)
2009-05-21 Thu 22:26 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。