輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 第1回 

 厚かましくも創作連載開始します。
 週一回の連載を予定していて10回前後で終わる予定です。
 漫然とラストを考えているのですが全面的な書き直しの可能性もあります。
 ちょっと気持ち悪いところもあります。もし不愉快な気持ちにさせたらごめんなさい。

それでは第1回はじまりです。



蜘蛛の女王 ・・虹子の物語

   *** プロローグ ***

 体が動かない。意識ははっきりしているのに体が動かない。さっきから悲鳴をあげようとしているのだが声もでない。

 ぞわぞわと小さな虫が蠢いている。足の先から何かがのぼってくる。小さな黒い虫。おしりが赤い。
小さな黒い目が光っている。ぞわぞわと虫ずが走り抜ける。無数の黒い点が果てしなく続いていて中に赤がまじる。その先は渦巻いて地中へと消えている。蟲の渦。じめじめした地面の中に吸い込まれている。ピンク色のミミズがその渦にのまれていくところだ。その先は何処?深淵をのぞく目がわたしにあったなら、暗闇の中でも見通せる目があったなら・・・ぞわぞわする感覚は今は足を通り越し背中に廻ってきた。全身が目になって見える筈のない背中が見える様だ。虫が体に入ろうとしている。無数の小さな縦に割れる口が皮膚を食い破ろうとしている。じょじょに痛みの感覚が拡がってくる・・・

(1) 虹子登場

この春、虹子(にじこ)は中学にあがった。小学校の頃は友達も少なく中学生になったら本当の友達を作るんだと希望に燃えていた。

でも実際は違った。真の友達は出来なかった。虹子は本が大好きなのだが同級に本好きはひとりもいなかったのだ。マンガが好きな子はいっぱいいるんだけど虹子ははあまり読んでいない。
映画は好きな子はいっぱいいるのだがお小遣いの事もあるし時間もとられるのでどちらかと言えばやっぱり本だ。

小学校の5年生から本に目覚めて夢中。最近は学校の怪談から入ってホラーに嵌っている。
あ~あ、誰か話があう友達いないかな~。こんな虹子だけどあまり完全に孤立している訳ではない。
本人が気にしてないからだけど。クラスの誰と誰がどうのって話しに興味ないだけなんだけど・・
クラスにもそんな虹子を許してくれるだけの優しさがあったのだ。

明日から夏休みと言う日、お決まりの注意事項をうけ成績簿を貰う。
国語以外はほとんど全滅・・・

「虹子、一緒に帰ろうよ」

紅葉(もみじ)だ・・唯一友達と呼べる存在。紅葉はちっちゃくてすごくかわいい。でも本は読まない。絶対、本の世界にさそってあげようっと。一学期は機会がなくて本の話できなかったけど紅葉ならきっと好きになってくれると思うんだ。

「ねえ、紅葉。夏休みの予定なにかある?」
「虹子は無いいでしょ。どうせ、本ばかり読む予定?」
「うん、そうだよ。せっかくの長い休みだから長い話に挑戦したいな。たとえば指輪物語」
「わたしはね。虫取りに行きたいな」えっ紅葉にそんな趣味あったんだ。知らなかった。
「虫取り?」
「うん、面白いよ、わたし虫が大好きなの。虫好きっていないよね。男子にもいないのよ」
「虫か~。自分も気持ち悪い虫じゃなかったら・・・」

何故か家に帰るまでには近くの林に虫とりに行くことになってしまった。
一日目は紅葉の家で昆虫図鑑を見てすごすごとにして虫とりにいくのは2日目。
わたしの愛読書の中に昆虫図鑑を追加することになるのでしょうか・・。

                        (つづく)
第2回 蜘蛛の女王・・虹子の物語へ
スポンサーサイト

創作 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<第2回「蜘蛛の女王・・・虹子の物語」 「連載小説を書いてみようv(41974)」 | ホーム | 「レベッカ」デュ・モーリアを読みました。 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

おぉっ!! 日向永遠さんの、虫のお話が早く読みたいと思っていたら、、、
早速連載1回目がUPされていて、思わず嬉しくなっちゃいました(≧∇≦)

面白くて、あっという間に読み終わってしまいました。。。
虹子には、妙に共感しちゃいますね。
特に「マンガが好きな子はいっぱいいるんだけど…」っていう所。
小学生の頃、「本好き=根暗」というイメージが定着していて、
周りの友達にあわせようと、興味のないTV番組を観ていたことを思い出します(笑)

プロローグのぞくりと肌が粟立つような感じ、すごくすごく好みです!!
続きが読めるのは来週末ですか~、、、待ち遠しいです(^^ゞ
2009-05-09 Sat 06:48 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
読んでいただき凄くうれしいです。

まだ全体の構想ができていないのに見切り発車してしまいました!!!どうなるのか自分でも判りません??

出来るだけ早く続きを書きたいとおもいます。
応援宜しくお願いいたします。(*^_^*)
2009-05-09 Sat 10:29 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは~♪

わぁ~、日向さんも連載始められたんですね^^
背中がゾクゾクするようなプロローグ、
思わず鳥肌モノでした(^_^;)
とっても面白かったです♪
本が大好きという虹子にも
すごく共感できますね(^^)v
つづきを読むのが楽しみです(*^_^*)
2009-05-09 Sat 17:47 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
コメントありがとうございます。
返事が遅くなりもうしわけありませんでした。
感想すごく嬉しいです。つづきも頑張ってかいてみま~す。宜しくおねがいいたします。
2009-05-10 Sun 18:31 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは。

皆さん、本を読まれるだけでなく、創作もされるんですね!!凄いです!今後も、楽しみに読ませていただきます^^
2009-05-10 Sun 20:50 | URL | かをる。 [ 編集 ]
かをる。さん
コメントありがとうございます。
全然、凄くなんてないですよ~。
妄想?を言葉にしてるだけです。(*^_^*)
読んでいただいて凄くうれしいです。これからもお付き合いくださいね。
2009-05-10 Sun 23:20 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
プロローグの背中がぞくっとするような内容から、一変して中学生の主人公の話に変わっていくところ、すごい期待感があります!
2009-05-11 Mon 13:15 | URL | 流れ星キラー [ 編集 ]
流れ星キラーさん
コメントありがとうございます!
ご期待に添える様なんとか頑張りますね(*^_^*)
2009-05-11 Mon 23:37 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。