輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ハーモニー」伊藤計劃を読みました。


ハーモニー
著者 伊藤計劃
ハヤカワSFシリーズJコレクション
評価 ★★★★★+

2070年世界は大災禍をへて調和のとれた体制を実現していた。
体内にインストールされたWacthMe が健康を監視し、適切な対処をしている。
肥満もガリガリの人もいない。皆が規格に収まった同じ体形をしている。
生命至上主義の世界。国家はなく健康を基とした生府が共同体を形成していた。

そんな世界に息苦しさや疑問を感じ、反旗をひるがえすミァハ。食事から栄養を吸収しなくなる薬をのむことによる自殺。3人で自殺したのだが死に成功したのはミァハだけ。
生き残ったトァン。13年がすぎ、未曽有の同時自殺事件が発生する。螺旋監視官となったトァンは捜査していくうちミァハの影を見る。ミァハは生きているのか?どうやって自殺をさせるのか?

人類は戦争のないユートピアを実現できるのか。はたしてユートピアとは・・・。

自分にとって衝撃の作品。このラストを皆さんはどう感じるのでしょうか。
今年に入って読んだ中で間違いなく上位クラスです。お勧めです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」―御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に“しなければならない”ユートピア。体内を常時監視する医療分子により病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した―。それから13年後、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、かつて自殺を試みて死ねなかった少女、現在は世界保健機構の生命監察機関に所属する霧慧トァンは、あのときの自殺の試みで唯ひとり死んだはずの友人の影を見る。これは“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語―。『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今年3月に著者の伊藤計劃さんがお亡くなりになったそうです。
余りに若い死に愕然とし新しい作品が読めない事を残念に思います。
『虐殺器官』も昨日、購入しまいした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<「ブラザー・サン シスター・ムーン」恩田陸を読みました。 | ホーム | 「本棚の秘密」 >>

コメント

これまた面白そうな本ですね!!
先日日向永遠さんに教えていただいた「魚舟・獣舟」がすごく気に入って、
なんだか今年はSFに嵌りそうな予感です(笑)
うぅっ…まだ文庫化はされていないんですね。でも、すごく気になります。
「虐殺器官」、タイトルからホラーかと思いましたが、全然違ったみたいですねぇ(^^ゞ
こちらのあらすじを読んでもすごく面白そうです♪
なんとっ!!!30代で亡くなったのですか?!
才能ある作家さんが若くして亡くなるのは、本当に残念ですね…。

2009-04-25 Sat 11:07 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
>これまた面白そうな本ですね!!
>先日日向永遠さんに教えていただいた「魚舟・獣舟」がすごく気に入って、
>なんだか今年はSFに嵌りそうな予感です(笑)
>うぅっ…まだ文庫化はされていないんですね。でも、すごく気になります。
>「虐殺器官」、タイトルからホラーかと思いましたが、全然違ったみたいですねぇ(^^ゞ
>こちらのあらすじを読んでもすごく面白そうです♪
>なんとっ!!!30代で亡くなったのですか?!
>才能ある作家さんが若くして亡くなるのは、本当に残念ですね…。
-----
伊藤計劃さんは短編を読んだことがありました。長編は初めてですが感服してしまいました。
新世界よりとはまた違った未来が描かれていますがそのラストは衝撃的でした。良かったら読んでみてくださいね
2009-04-25 Sat 11:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
面白そうなストーリーです。
文庫であれば即買いなんですが・・・。

才能のある作家さんが、早く亡くなると寂しいですね。
ネットで調べたら、3冊(短編・中編除く)しか出版されていません。残念です。
2009-04-25 Sat 18:17 | URL | クラスタン [ 編集 ]
クラスタンさん
>面白そうなストーリーです。
>文庫であれば即買いなんですが・・・。

>才能のある作家さんが、早く亡くなると寂しいですね。
>ネットで調べたら、3冊(短編・中編除く)しか出版されていません。残念です。
-----
コメントありがとうございます。
すごく面白かったです。機会があったら読んでみてくださいね。
2009-04-26 Sun 16:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんんばんは~^^

遅くなってしまいましたが、
以前日向さんに教えて頂いた「ハーモニー」読みました!!
すごくすごく面白かったです*^^*
色々考えさせられるお話でしたね、、、
近い将来、こんな世界が来るんじゃないだろうかと恐ろしくなってしまいました。
TB頂いていきますね♪

今はブログお休みされているようですが、
お時間のある時にでもまた更新して下さいね。待ってま~す\(^▽^)/
2014-10-04 Sat 18:03 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、
ハーモニー、トラバありがとうございます。
伊藤計劃さん、つづけてアニメになるみたいですね。あの世界がどう描かれるのか、興味あります^^
2014-12-08 Mon 20:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)posted with ヨメレバ伊藤 計劃 早川書房 2008-12 AmazonKindle楽天ブックスhonto 丸善&ジュンク堂 図書館 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」―御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、...
2014-10-04 Sat 17:55 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。