輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「勝てる読書」豊崎由美を読みました。


勝てる読書
著者 豊崎由美
河出書房新社 2009/1/30 237頁 1200円
評価 ★★★★☆

この本は14歳の世渡り術として出版されているシリーズの中の一冊。読書編です。
読んでみると分かるのですが決して中学生向け(だけ)に薦めているわけではありません。
すれっからしの読者にも、こんなのあるんだと気付かせてくれます。

まあ、だいたいの読書人が偏った読書をしているのに対し豊崎さんは全般から文字どおり全般からすすめているので(思いっきりメジャーな作品はとりあげていませんが)

各章を星座にみたてて紹介しているのですがなかでも良かったのは(最近の自分の読書傾向のせいですが)第6章の呪怨座ここでゴシックからモダンホラーまで紹介しているのです。
とても参考になります。参考にしたいです。
でしったのですが

紙葉の家 マーク・Z・ダニエレブスキー です。
絶版みたいですがすごく気になります。本自体に凄い仕掛けがあってとても読みづらそうなのです。ななめにしたり逆さにしなけらば読めない見たいで一筋縄ではいかない様なのですね。
読みとおす事自体が大変そう。アマゾンの古本検索で8000円以上してます。
どうしよう・・・暫く考えてみます。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

理不尽な状況に、くじけそうな自分に…本の中にこそ勝てる言葉と思考がある。「負けたくない」14歳のための史上最凶の読書ガイド。中学生以上。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)


スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<お久しぶりです。 | ホーム | 「海を失った男」シオドア・スタージョンを読みました。>>

コメント

「紙葉の家」興味をひかれて調べてみました。我が家の町の図書館にはあるようです。
日向永遠さんのお住まいの近くでも、蔵書があるかもしれませんよ。
でも難しそうだし…怖そうなのですね…
2009-03-22 Sun 15:28 | URL | あむあむ108 [ 編集 ]
あむあむ108さん
>「紙葉の家」興味をひかれて調べてみました。我が家の町の図書館にはあるようです。
>日向永遠さんのお住まいの近くでも、蔵書があるかもしれませんよ。
>でも難しそうだし…怖そうなのですね…
-----
図書館ですか・探してみようかな。
この本、恐そうですね。
2009-03-22 Sun 16:32 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは!
「紙葉の家」、面白そうですね♪
「本自体にしかけのある本」特集をしてみたくなりました(^。^)
2009-03-22 Sun 22:28 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
>こんばんは!
>「紙葉の家」、面白そうですね♪
>「本自体にしかけのある本」特集をしてみたくなりました(^。^)
-----
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。面白そうでも大変そうですね。(*^_^*)
2009-03-23 Mon 07:35 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
「紙葉の家 マーク・Z・ダニエレブスキー」、柊もどこかの書評で見かけて気になってました。
そうか…図書館にお願いするという手がありましたね…!
 
2009-03-24 Tue 19:21 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
柊♪さん
>「紙葉の家 マーク・Z・ダニエレブスキー」、柊もどこかの書評で見かけて気になってました。
>そうか…図書館にお願いするという手がありましたね…!
> 
-----
コメントありがとうございます。
ネット接続が何故か出来なくなってしまいお返事ができませんでした。すみませんm(__)m
いつかは読んでみたい本です。図書館か・・読むのに時間かかりそうなので何回か借り直さないといけないかも・・・(*^_^*)
2009-04-04 Sat 12:54 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。