輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「海を失った男」シオドア・スタージョンを読みました。


海を失った男
作者 シオドア・スタージョン 若島正(編)
河出文庫 880円 2008/4/20 467頁
評価 ★★★★★+

シオドア・スタージョンの海を失った男を読みました。

これまでのところ河出書房新社の奇想コレクションに唯一3冊も取り上げられている作家なので気になってました。
昔、早川書房の異色作家短編集の一角獣・多角獣の作者だったのですね。
早川のシリーズは刊行当時、読みたかったのですが学生でこずかいで買うにはちょっと高かったので手が出ませんでした。今思えば残念でなりませんが・・

奇想コレクションの作品を読む前に、読みやすい文庫の方を買ってみたのです。

結果、大好きになりました。なかには良く分からない作品もあるのですが面白いです。

短編集です。収録作品は
音楽/ビアンカの手/成熟/シジジイじゃない/三の法則/そして私のおそれはつのる/墓読み/海を失った男

この中で自分の大好きなのは
○ビアンカの手
 手が体とは別の意志をもっている女性と結婚する主人公。傑作です。

○成熟
 成熟するとはどういうことか。考えさせられます。

○そして私のおそれはつのる
 超能力テーマだけど、人間の成長と倫理をあつかって大好きな作品となりました。

短編集は読んだら直ぐをメモしておかないと感想書けないですね(*^_^*)
スタージョン凄いです。奇想コレクションの3冊も楽しみになりました。
未体験な方、是非。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)
スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「勝てる読書」豊崎由美を読みました。 | ホーム | 本好きのあなたに質問・・・・>>

コメント

おぉ!!5つ星ですね♪
日向永遠さんがそこまで絶賛されているのでしたら、すごく気になってきます^^
文庫で出ているのですね。読みたい本リストに入れておきます!!
タイトルが面白いですね(^^ゞ「ビアンカの手」「墓読み」というのが気になります。。。
2009-03-21 Sat 20:41 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
>おぉ!!5つ星ですね♪
>日向永遠さんがそこまで絶賛されているのでしたら、すごく気になってきます^^
>文庫で出ているのですね。読みたい本リストに入れておきます!!
>タイトルが面白いですね(^^ゞ「ビアンカの手」「墓読み」というのが気になります。。。
-----
コメントありがとうございます。
nanaco☆さんの好みに合うのではないかと思いますので読んでみてくださいね(*^_^*)
2009-03-21 Sat 23:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは。
日向永遠さんの評価が高いというのは、
とても興味が惹かれます~^^
短編集なら、読んだことのない作者の本でも
読めそうなので安心ですw

2009-03-22 Sun 18:04 | URL | かをる。 [ 編集 ]
かをる。さん
>こんばんは。
>日向永遠さんの評価が高いというのは、
>とても興味が惹かれます~^^
>短編集なら、読んだことのない作者の本でも
>読めそうなので安心ですw
-----
こんばんは!
自分にとって結構ツボでしたよ。面白かったです。
2009-03-22 Sun 19:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。