輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「魚舟・獣舟」上田早夕里 読みました


魚舟・獣舟
著者 上田早夕里 
光文社文庫 331頁2009/1/20 解説 山岸真
評価 ★★★★★

面白いよ~。
短編集ですが最後の一遍はかなり長いです。ページ数の半分以上占めてます。

魚舟・獣舟
くさびらの道
饗応
真朱の街
ブルーグラス
小鳥の墓

が収録されています。

すべて異形の世界を扱っています。
表題作の”魚舟・獣舟”を読んでいてヴィジュアル的には諸星大二郎をマンガを想像してしまいます。現代世界崩壊後、多くが水に覆われた世界。人間は魚舟と呼ばれる舟上で生活している。魚舟の中には獣舟に変化し陸に上がるものが現れる。数少ない資源を守るため、獣舟を殺す陸の人々。魚舟、獣舟には人間と驚くべき関係があるのだが・・・ 続きを読みたくなる世界観です。

”くさびらの道” 茸に食い殺される奇病が日本を覆う。茸は人間に幽霊を見せる・・親しかった人々が幽霊となって現れたら・・・

”真朱の街”は妖怪が人の前に現れた未来世界。その理由は人間もヘッドセットやメカを装備し妖怪と変わらない容姿や能力を持ち始めたから。真朱とは魔物除けの赤ぬりのこと。
妖怪だらけの町に逃げ込んだ男の話。

長編 ”小鳥の墓” は教育実験都市で暮らす主人公が日々の暮らしに物足りなさを感じ悪い友達と(外)に抜け出す。人間とはなんなのか・・正しい(生き方)とはなんなのか。
主人公は 死にたいと繰り返す母に死を与えることが正しいと考える・・・ 

イマジネーションがあふれてくる話ばかりです。奇想コレクションの一冊とよばれてもおかしくないです。良いですよ


内容情報】(「BOOK」データベースより)

現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題作。寄生茸に体を食い尽くされる奇病が、日本全土を覆おうとしていた。しかも寄生された生物は、ただ死ぬだけではないのだ。戦慄の展開に息を呑む「くさびらの道」。書下ろし中編を含む全六編を収録する。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)


スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」桜庭一樹、読みました。 | ホーム | 「SFが読みたい!(2009年版)」買いました。>>

コメント

うひゃー!!!こ、これすごく面白そうですね!!!
あらすじを伺っていても、奇想天外な雰囲気が感じられます。
文庫で出ているようなので、これは是非読んでみたいと思います♪
表紙の絵もなかなか良い感じですね^^
2009-02-28 Sat 12:38 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
諸星大二郎ですか?
かなり気になりますね~♪<魚舟・獣舟

こちらのブログで紹介されているおもしろそうな本を図書館で借りたりしてるんですが、
読まずに返す日々が続いております。(A^_^;)
2009-02-28 Sat 16:18 | URL | カトミノ [ 編集 ]
作者の名前に記憶がありましたが、創元社の『ショコラティエの勲章』著者ですね。
私はその1作を読んだだけなので、『魚舟・獣舟』の内容は意外な感じがしましたけれど、SFの方が多く書かれているようですね。
世界が広くて驚きです。
2009-03-01 Sun 15:42 | URL | あむあむ108 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>うひゃー!!!こ、これすごく面白そうですね!!!
>あらすじを伺っていても、奇想天外な雰囲気が感じられます。
>文庫で出ているようなので、これは是非読んでみたいと思います♪
>表紙の絵もなかなか良い感じですね^^
-----
コメントありがとうございます。(*^^)v
面白いですよ~絶対のお勧めです。
是非読んでみて感想教えてくださいね。
2009-03-01 Sun 16:50 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
カトミノさん
>諸星大二郎ですか?
>かなり気になりますね~♪<魚舟・獣舟

>こちらのブログで紹介されているおもしろそうな本を図書館で借りたりしてるんですが、
>読まずに返す日々が続いております。(A^_^;)
-----
読んだ雰囲気に浸るだけでも良いかと・・・・
短編集なので一遍でも読んでみてくださいね。
2009-03-01 Sun 16:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
あむあむ108さん
>作者の名前に記憶がありましたが、創元社の『ショコラティエの勲章』著者ですね。
>私はその1作を読んだだけなので、『魚舟・獣舟』の内容は意外な感じがしましたけれど、SFの方が多く書かれているようですね。
>世界が広くて驚きです。
-----
小松左京賞を受賞してるとの事ですのでSF畑ですね。(*^_^*)
自分はこの作品が初めて知り魅了されてしまいました。
2009-03-01 Sun 16:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは~♪

素敵な本の紹介ありがとうございました。リンクさせていただきますね。
2009-04-09 Thu 00:00 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
日向永遠さん、読みましたー!!
期待していた以上に面白かったです♪
TB&記事にリンクさせていただきました^^
2009-04-11 Sat 06:35 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪

>素敵な本の紹介ありがとうございました。リンクさせていただきますね。
-----
コメントありがとうございます。
気に入ってもらえた様で嬉しいです。ありがとうござました!
2009-04-11 Sat 09:42 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>日向永遠さん、読みましたー!!
>期待していた以上に面白かったです♪
>TB&記事にリンクさせていただきました^^
-----
おおっ読まれましたか!
面白かったですか?喜んでもらって良かったです。
嬉しいです。
2009-04-11 Sat 09:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。