輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ


わたしを離さないで

わたしを離さないで

著者カズオ・イシグロ 土屋政雄(訳)
ハヤカワepi文庫 800円+税 450頁
評価 ★★★★★

ちょっと長かったですが凄く良かったです。
何箇所か残酷な事実にショックを受ける箇所がありますが登場人物たちが健気で泣かせます。

帯の惹句 
泣くとか泣かないとか、そんな程度の心の震えでは収まらない。
数奇な運命に翻弄される若者たちの青春を美しく、感動的に描く

作者は日本生まれの英国人作家。英国文学の最高の賞ブッカー賞受賞作家です。
題名からはベタな恋愛小説を想像するかも知れませんが全然違います。

ヘールシャムと言う施設で育ったキャシー・H 彼女は優秀な看護人になります。
キャシーは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしているのです。施設の親友のトミーやルースも提供者でやがて二人の世話もするようになる。
そこで施設の事が色々語れれる。施設には謎が色々あってその一つに彼女達の優秀な工作品(絵画での詩でも)をマダムとよばれる人物がよく持って行くこと。これはとても名誉なこととして皆、心血をそそいでいる。
 この施設の事を詳しく書く事は出来ないのですがそこには残酷な真実があります。
この事実をうすうす承知しながらたんたんと過ごす彼女達。
 この事実を前に何でもない様な青春をおくる彼女達の態度は読む者に強く迫ります。
重い内容ですが心をうちます。

自分は文庫の方を読んだのですが表紙は単行本と同じカセットの方でした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度…。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく―全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)




スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<発表:2008年私的ベスト本 | ホーム | 「書店はタイムマシーン」桜庭一樹 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

凄い作品ですよね。

しばらく前にTV放送された『アイランド』という映画も、この作品とほぼ同じような設定の主人公でしたし、欧米ではこの問題について日本よりも深刻に考えられているのでしょうか。
2008-12-26 Fri 20:02 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
文庫版の装丁が素敵ですね^^
どんなお話なんでしょう。すごく面白そう。
読みたい本リストに追加しておきます~♪

↑やまきん十さんの書かれている「アイランド」って、あのSFの映画でしょうか??
昔観たのですが、すごく好みの作品だった記憶があります。
2008-12-27 Sat 08:15 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
やきまん十さん
>凄い作品ですよね。

>しばらく前にTV放送された『アイランド』という映画も、この作品とほぼ同じような設定の主人公でしたし、欧米ではこの問題について日本よりも深刻に考えられているのでしょうか。
-----
凄かったです。読んで良かったと思います。
倫理面で大きな問題を抱えています。考えていかなくてはいけない問題だと思います。
2008-12-27 Sat 09:22 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>文庫版の装丁が素敵ですね^^
>どんなお話なんでしょう。すごく面白そう。
>読みたい本リストに追加しておきます~♪

>↑やまきん十さんの書かれている「アイランド」って、あのSFの映画でしょうか??
>昔観たのですが、すごく好みの作品だった記憶があります。
-----
コメントありがとうございます。
是非読んでみてください。絶対のお勧めです。
詳しく紹介できないのがもどかしいですが、予備知識なしで読んだ方が絶対感動すると思います。
良いですよ。
2008-12-27 Sat 09:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちは~♪

本日無事に読了しました。翻訳本が苦手なので読了できるかひそかな心配だったのですが、内容に引きずられるように読んでしまいました。素敵な本の紹介を有難うございました。
リンクさせていただきますね。
2009-01-03 Sat 14:32 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんにちは~♪

>本日無事に読了しました。翻訳本が苦手なので読了できるかひそかな心配だったのですが、内容に引きずられるように読んでしまいました。素敵な本の紹介を有難うございました。
>リンクさせていただきますね。
-----
コメントありがとうございます。
読まれたのですね(*^_^*)
どうでしたか?ネタばらしができない作品ですよね。
2009-01-03 Sat 19:26 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、おはようございます~♪
「わたしを離さないで」やっとこさレビューを書いたので(笑)TBさせてくださいね(*^v^*)

すごく面白かったです。こういうお話大好き。
行き着く所は分かっているのに(登場人物でさえ気付いていますものね)、
あまりに残酷な真実に胸が痛くなってしまいました…
この作家さんの作品epi文庫で色々出ているんですね♪他作品にも挑戦してみたくなりました!
2009-08-22 Sat 06:23 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
おはようございます!
どんな感想をもたれたのでしようか?紹介しずらい内容ですよね。他の作品も読みたくなります!!
コメント、TBありがとうございます
2009-08-22 Sat 10:34 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。