輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「黄昏の百合の骨」 恩田陸


黄昏の百合の骨
著者 恩田陸
講談社文庫 2007/4/13(1)
2008年11月読了 解説 篠田真由美
評価 ★★★★☆

麦の海に沈む果実に登場した水野理瀬が主人公です。
突然死去した祖母の奇妙な遺言(理瀬が半年以上、住まなければ、この家を処分してはいけない)に導かれ、留学先のイギリスから長崎の高校に編入してきた。
今は叔母が二人で住んでいるその百合の花に囲まれた洋館は近所から”魔女の家”と呼ばれていた。

同級の朋子に近くのS高の男子生徒が交際を申し込む。その騒動に巻き込まれる。
また、その朋子の病弱な弟の何かを訴ったえようとしている理由は。
そんな中、朋子の家の飼い猫”ココ”が毒で死んでしまう。

魔女の家に伝わる”ジュピター”とは何なのか・・・。
二人の叔母の正体は・・・

知性的で魅力的な理瀬にまたあえて嬉しかったです。
読んでいると百合の強烈な匂いがしてきそうです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「ロードムービー」 辻村深月 | ホーム | 「背の眼(下)」 道尾秀介>>

コメント

TBありがとうございました♪
理瀬、良いですよねぇ。
「麦海」の可愛らしい理瀬も好きですが、
個人的にはやっぱりダークな彼女が好みです^^
現在メフィスト連載中の「薔薇の中の蛇」という作品は、理瀬シリーズのようで。
お次はイギリスが舞台だそうです♪ということは…ヨハン君も登場するんでしょうね~(^m^ )
早く単行本になってくれると良いですね☆
2008-11-10 Mon 21:10 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
>TBありがとうございました♪
>理瀬、良いですよねぇ。
>「麦海」の可愛らしい理瀬も好きですが、
>個人的にはやっぱりダークな彼女が好みです^^
>現在メフィスト連載中の「薔薇の中の蛇」という作品は、理瀬シリーズのようで。
>お次はイギリスが舞台だそうです♪ということは…ヨハン君も登場するんでしょうね~(^m^ )
>早く単行本になってくれると良いですね☆
-----
コメントありがとうございます。
理瀬の出てくる新作連載しているのですね。情報ありがとうございます。待ちどうしいですね。
2008-11-14 Fri 23:42 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。