輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「『ギロチン城』殺人事件」 北山猛邦


『ギロチン城』殺人事件
著者 北山猛邦
講談社ノベルス

評価 ★★★★☆

以前、古本屋で見つけて積読してあった本です。
北山猛邦さんの城シリーズ4作目です。

つい最近文庫化された3作目の”アリス城”をとばしてしまって4作目の”ギロチン城”を先に読んでしまいました。

アリス城(文庫版)も買わなくては・・・
物理トリックの名手”北山”の面目躍如の作品です。
こう云うの好きだな~。

外と孤立した”ギロチン城”そこは過剰なセキリュティと処刑具(ギロチン等)のコレクションの城。

”Help”と文字を書く自動人形を拾った探偵の幕辺ナコと学生の頼科(よりしな)はそれがギロチン城からメッセージだと突き止める。
二人は強引な方法で城の中に入る事に成功する。

そこで行われた降霊の儀式「スクウェア」の最中、4人の美少女が惨殺された。
何故が胴体と首がずらされた状態だった。

何故か・・・
次次と起こる殺人。閉じ込めらた城からの脱出は出来るのか?

面白かったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「触身仏」 北森鴻 | ホーム | 「ハートブレイク・レストラン」 松尾由美>>

コメント

お、面白そう~!!…だけど、ちょっと痛そうです(笑)
前に日向永遠さんが紹介していただいた「カンタン刑」を思い出しました^^;
あれから、よく本屋さんで見かけるんですけど…
興味がありつつも、なかなか購入できずにいます(* ̄m ̄)
2008-10-19 Sun 21:32 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
シリーズ2作目まで読んで放置しています。特に理由があったわけではないので、また読みたいと思います。
2008-10-19 Sun 21:38 | URL | yasukun0402 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>お、面白そう~!!…だけど、ちょっと痛そうです(笑)
>前に日向永遠さんが紹介していただいた「カンタン刑」を思い出しました^^;
>あれから、よく本屋さんで見かけるんですけど…
>興味がありつつも、なかなか購入できずにいます(* ̄m ̄)
-----
コメントありがとうございます。
買うのちょっと勇気が必要かも(笑)
だいぶ怖いですから・・・(*^_^*)
2008-10-20 Mon 07:24 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
yasukun0402さん
>シリーズ2作目まで読んで放置しています。特に理由があったわけではないので、また読みたいと思います。
-----
北山さんの本は好き嫌いが分かれる作品ですね。
自分は結構好きだったりします。(*^_^*)
2008-10-20 Mon 07:26 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。