輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「竹馬男の犯罪」 井上雅彦


竹馬男の犯罪
著者 井上雅彦
講談社ノベルス
評価 ★★★★☆

この本は昨年、講談社ノベルス25周年記念の綾辻・有栖川復刊コレクションの一冊。
両氏のコメントの中にある”異形”がその特徴を語っています。

元サーカス芸人ばかりを集めた養老院でおこる連続殺人。

サーカスそのままに観覧車や天幕の建物。
出入りできない煉瓦壁の中で空中ブランコからの転落で死亡したマリエ。
その死体のそばから血の馬の足跡が壁へと消える様に続いていた。
犯人は半獣半身の怪物なのか?

一角にある緑の天幕の阿弗利加園でその獣に咬まれると獣に変身してしまうという伝説がある。唯一の目撃者ゴローは獣に変身してしまったのか?

探偵にして詩人の奇行ともいえる言動も面白いです。

その詩から

誰でも四度は詩人になれる
生涯四種の詩をのこす
若き時代の 犯行声明
老いたる頃の 遺言状
殺られる瞬間の ダイイング・メッセージ
幼い日々の すべての言葉


この異形さは読む人を選ぶかもしれません。
自分は結構面白かったですが、ばかばかしいと思ったらそこで次に進めなくて閉じてしまうかも・・・

変わった話の好きな人は是非読んでみてください。魔術的本格ミステリです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「生きていくことの意味」 諸富祥彦 | ホーム | 無題>>

コメント

調べてみれば15年前に読んでいました。ほとんど覚えていませんが異形の物語だったことは印象に残っています
2008-09-01 Mon 23:15 | URL | yasukun0402 [ 編集 ]
あらすじをうかがうと面白そうですね♪
ばかばかしいと思ったら次に進めなくなってしまった…経験が一度あります。
日向永遠さんは読まれましたでしょうか?殊能将之さんの「キマイラの新しい城」。
どーしてもこの独特の文体と世界観に慣れなくって、
そうなるともうばかばかしくなって途中で放り出してしまいました^^;
2008-09-02 Tue 19:26 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
yasukun0402さん
>調べてみれば15年前に読んでいました。ほとんど覚えていませんが異形の物語だったことは印象に残っています
-----
コメントありがとうございます。
面白かったです。すごく変わっていて・・・15年前ですか、そんな前では覚えていませんね。(*^_^*)
2008-09-02 Tue 23:01 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>あらすじをうかがうと面白そうですね♪
>ばかばかしいと思ったら次に進めなくなってしまった…経験が一度あります。
>日向永遠さんは読まれましたでしょうか?殊能将之さんの「キマイラの新しい城」。
>どーしてもこの独特の文体と世界観に慣れなくって、
>そうなるともうばかばかしくなって途中で放り出してしまいました^^;
-----
コメントありがとうございます。
面白かったですよ。
「キマイラの新しい城」読みました。(*^_^*)
ハサミ男が大好きなので殊能将之さん読んだのですがこの作品はいまいちでした。でも最後まで読みましたよ。そこそこいけたかな。
2008-09-02 Tue 23:04 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。