輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無題

「関係」

あの時、聞いていた歌。
あの時、読んでいた本。
君はまだ目の前にいるのに
あの時の君じゃない


時は変えてしまう。
変わらない物を残して。


探せばまだあるかな
  あの時の君
探せばまだあるのかな
  あの時の二人


でも探す勇気が僕には無いんだ。

だからあの時の歌を聴き、あの時の本を読む。




スポンサーサイト

詩作 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「竹馬男の犯罪」 井上雅彦 | ホーム | 「オヨヨ島の冒険」 小林信彦>>

コメント

とっても素敵で切ない詩ですねぇ~☆
"変わらない物を残して"の部分に、なんとも切なさが滲みでているようです。。。
また自作の詩、楽しみにしています(o^―^o)
2008-08-31 Sun 08:08 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
>とっても素敵で切ない詩ですねぇ~☆
>"変わらない物を残して"の部分に、なんとも切なさが滲みでているようです。。。
>また自作の詩、楽しみにしています(o^―^o)
-----
ありがとうございます。
また作ってみますね。(*^_^*)
2008-08-31 Sun 22:22 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。