輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「本を読む本」


本を読む本

著者: モーティマー・J.アドラー /チャールズ・ヴァン・ドーレン
講談社学術文庫

世界的名著との事で買ってみましたがちょっと難しいです。(*^_^*)
早速”本の本コーナー”に並べました。殆ど自己満足の世界です。
こんなんではだめですね。もっと真剣に読まなくては・・・・



内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

読書 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<私的エッセイ 「我、考える葦たらん」 | ホーム | 「六番目の小夜子」 恩田陸 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

実は私も買ってちょこっと読んだのですが、想像したのとはまったく違って「こりゃー読むの早すぎるか?」って思って放置してあります。(笑)

日向さんがダメなら尚更だわ。一生ダメかも。(^^;)
2008-08-22 Fri 07:58 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
難しそうですね・・w
自分も難しい本は読むのに時間がかかる、と予想して買ってしまう派です。ほとんど積読になっちゃうんですけどね(笑)
しかし、読書技術っていうのが気になります~。
2008-08-22 Fri 19:31 | URL | かをる。 [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
>実は私も買ってちょこっと読んだのですが、想像したのとはまったく違って「こりゃー読むの早すぎるか?」って思って放置してあります。(笑)

>日向さんがダメなら尚更だわ。一生ダメかも。(^^;)
-----
実はまだ第一部しかよんでいません。
また、そのうち続きを読もうと思っています。
(*^_^*)
2008-08-22 Fri 22:50 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
かをる。さん
>難しそうですね・・w
>自分も難しい本は読むのに時間がかかる、と予想して買ってしまう派です。ほとんど積読になっちゃうんですけどね(笑)
>しかし、読書技術っていうのが気になります~。
-----
コメントありがとうございます。
積読も読書の内だと思っています。(*^_^*)
買った時点で読書は始まっているのです。(?)
2008-08-22 Fri 22:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。