輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『「死の謎」を説く』 ダライ・ラマ 「本日の1冊(13748)」


ダライ・ラマ「死の謎」を説く
ダイラ・ラマ
角川ソフィア文庫 743円+税 125ページ h20/7/25(1)
評価 ★★★☆☆

さっと拾い読みしたのですが輪廻転生の謎は良く分かりません。
ただ、チベット仏教の入門書として良いと思います。

時間を開けてもう一度読みたいと思います。m(__)m

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

死とは新しい人生を己が手にする時の到来である―。チベットの精神的指導者、ダライ・ラマが死とは何かを切り口に、「輪廻転生」の死生観を通して、チベット仏教をわかりやすく語る。転生の法則、煩悩からの解放、平常心の境地、真実の愛、至福の喜び…、死をどう受け入れるかは、そのまま、どう生きるかに繋がると説き、仏陀の精神の本質を明らかにする。チベット仏教入門に最適の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 「死」とは何か―古い衣服を着替えるがごとし/第2章 輪廻転生の法則―来世、人は何に生まれ変わるのか/第3章 カルマの法則―どうすれば、煩悩から解放されるか/第4章 愛と慈愛、そして性愛―なぜ、愛は憎しみへと変わるのか/第5章 欲望について―快楽と至福の喜びはどう違うのか/第6章 宇宙の法則―大宇宙の真実が語りかけるもの/第7章 「知」と「心」の融合―求めつづけることの大切さ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「六番目の小夜子」 恩田陸 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「異形の大国 中国」 櫻井よしこ 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。