輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「神様のパズル」 機本伸司 「本日の1冊(13748)」


神様のパズル
作者 機本伸司
ハルキ文庫 680円+税 367頁 2006/5/18(1)

評価 ★★★★☆

この本には天才少女(高校生の年齢ですが物理学の天才) 穂瑞沙羅華が登場します。
天才ゆえに大学の授業やゼミに参加せず、そのため、卒業が危ぶまれています。

穂瑞は”加速器むげん”(スーパー・カミオカンデみたいなのですね)の基礎理論の立案者であり、その竣工にむけて調整中でもあった。

僕はその穂瑞をゼミに参加させる様頼まれる。
「宇宙を作ることができるのか?」という疑問で穂瑞はゼミに参加することになるのだが・・

穂瑞は天才ゆえの孤独という悩みがあって、”自分とは何か”を宇宙創成の疑問を解くことで回答できると考え、宇宙を創る方法を考える。

最後はさわやかな終わり方でした。


天才が出てくる話はなんか面白いですね。自分たち凡人からおもうと超人ですから憧れるのですね。森博嗣さんの作品にでてくる真賀田四季を思い出しました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)




スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「ほんとうの環境問題」 池田清彦 養老猛司 | ホーム | 二元論と日本人>>

コメント

確か、今度この本、映画化されるんだったかと思いますが、映像化したら、どのようになるんでしょうね~♪
”天才”の解釈は色々あると思いますが、きっと凡人とは違った風景を見てそうですwきっとすごいんだろうなぁ~と思いを馳せることしか出来ませんが^^;
2008-08-13 Wed 18:10 | URL | かをる。 [ 編集 ]
かをる。さん
>確か、今度この本、映画化されるんだったかと思いますが、映像化したら、どのようになるんでしょうね~♪
>”天才”の解釈は色々あると思いますが、きっと凡人とは違った風景を見てそうですwきっとすごいんだろうなぁ~と思いを馳せることしか出来ませんが^^;
-----
コメントありがとうございます。(*^_^*)
映画化されましたね。映画も面白そうですよ。
この中で天才は大統合理論(TOE)を解明してしまいます。凄いです。
2008-08-13 Wed 21:46 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
あ!この作品映画化になったものですよね(*^o^*)
タイトルだけは耳にしたことがあります。

装丁はなんだかライトノベルっぽいですが、レビューを伺うとなんだかとても面白そうです♪
"真賀田四季"と聞いて、読書リストに加えることにしました(笑)
2008-08-13 Wed 22:14 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
>あ!この作品映画化になったものですよね(*^o^*)
>タイトルだけは耳にしたことがあります。

>装丁はなんだかライトノベルっぽいですが、レビューを伺うとなんだかとても面白そうです♪
>"真賀田四季"と聞いて、読書リストに加えることにしました(笑)
-----
コメントありがとうございます。
表紙はライトノベルですね。中身は小松左京賞受賞作の実力派ですよ。大学を舞台にしてるので青春SF小説?でもあります。"真賀田四季"とはまたタイプが違いますが(あんなにクールではない)良かったですよ。唯、作中にでてくる量子論とは全然わかりません(泣)そこは雰囲気だけでも・・・。
2008-08-14 Thu 00:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。