輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

二元論と日本人

二元論と日本人

しばらく前からxxxできる人、xxxできない人 xxの良い人、悪い人といったタイトルの本が氾濫している。

これはどう云う現象か?確かに世の中の事象を二つに訳、良い(と思われる方)に自分を置くのは楽である。
それに向かって努力するのも良い事だろう。

しかし、世の中、良い(と思われる)事に代表される方、一つになってしまったらどんな世界になってしまうのか?

もともと二元論的、割り切れる事の方が例外の筈である。
世の中、もっと複雑である。それを単純化したのが二元論である。
何かを決めなくてはいけないとき、止めるか、実行するかだけで判断するのは間違いである。
しかし、そうしないと”リーダー”的存在にはなれない事も事実である。

日本人は昔からその部分の曖昧さを美徳としてきた事実があるが最近は廃れている気がする。
これも欧米流の価値観で精神が汚染された結果かもしれない。

時には曖昧さも大事であると改めて思う。

関係ないが、最近、血液型の性格判断がまたブームです。
血液型判断はたしかに話題として面白いですし、酒の席等でついつい話してしまう。
他愛のない、話なら良いがそれで人間性まで判断してしまうのは行きすぎだと思う。

血液型は直せるものではないのだらか ○○型だから○○でしょうがない 式の判断は思考停止であるし間違っている。
選民思想に繋がりかねないと言えば言いすぎか?

二元論の怖さはいろいろな所にあると思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

私的コラム | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「神様のパズル」 機本伸司 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「ネバーランド」 恩田陸 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

最近私は般若心経を読んだりすることもあります。
それによると、この世の一切の物の真実の相(スガタ)は、みな空であって、「ある」とか「ない」とではない。心にとらわれがなくなれば、あるがままの姿をあるがままに受け止めることが出来る。とあります。

今は、出来る、出来ない、良い、悪いにとらわれ過ぎているのではにでしょうか。
そういうものにとらわれ過ぎると苦しみが生じるのではないでしょうか。

話は飛んでしまったかもしれませんが、人間の知恵は知れています。
一過性の判断ですべてを推し量るのは危険です。
もっと深く物事を考える必要があるのではないかとおもいました。
2008-08-11 Mon 15:46 | URL | レーナマリア [ 編集 ]
レーナマリアさん
>最近私は般若心経を読んだりすることもあります。
>それによると、この世の一切の物の真実の相(スガタ)は、みな空であって、「ある」とか「ない」とではない。心にとらわれがなくなれば、あるがままの姿をあるがままに受け止めることが出来る。とあります。

>今は、出来る、出来ない、良い、悪いにとらわれ過ぎているのではにでしょうか。
>そういうものにとらわれ過ぎると苦しみが生じるのではないでしょうか。

>話は飛んでしまったかもしれませんが、人間の知恵は知れています。
>一過性の判断ですべてを推し量るのは危険です。
>もっと深く物事を考える必要があるのではないかとおもいました。
-----
コメントありがとうございます。
返事が遅くなりすみませんでした。m(__)m
欧米式のデベートとか、限られた情報からでも良し悪しの判断をするとか、それで答えられないと優柔不断で能力がないとか、見られる傾向が世間一般にあって、ついそれにその場の空気で引きずられがちですが、それが本当はいけないのだと思います。
少数意見はいつしか黙殺されその人自体が疎外されてしまう危険もあってなかなか、本当の意見を発信できない場合もありますね。
2008-08-13 Wed 11:38 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
同感です。
負け組勝ち組、派遣と正社員、日本と欧米・・・いつも一方が絶対悪で、他方が絶対善なんですよね。
でもそんなもんじゃないだろうと私も思います。物事はいいところもわるいところも入り組んだ複雑なもので、だから一概にどちらかが善でどちらかが悪なんてわけられるわけない。(わけられる方が稀です。)
でも現代人はそういった二元論にとらわれすぎて、すぐに結論をだし、そのステレオタイプにしばられる。
何か変ですよね。
2008-08-14 Thu 13:51 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>同感です。
>負け組勝ち組、派遣と正社員、日本と欧米・・・いつも一方が絶対悪で、他方が絶対善なんですよね。
>でもそんなもんじゃないだろうと私も思います。物事はいいところもわるいところも入り組んだ複雑なもので、だから一概にどちらかが善でどちらかが悪なんてわけられるわけない。(わけられる方が稀です。)
>でも現代人はそういった二元論にとらわれすぎて、すぐに結論をだし、そのステレオタイプにしばられる。
>何か変ですよね。
-----
コメントありがとうございます。
ディベートとか称して、一方を論破するために良し悪しを即断しなくてはいけない。はたしてそれでいいでしょうか。利益追求だけで臨めばそうなってしまいますね。世の中、有限です。今すべては奪い合いの方向に向いている様で怖いです。
2008-08-14 Thu 14:12 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。