輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「凍りのくじら」 辻村深月  「本日の1冊(13748)」


凍りのくじら
著者 辻村深月
講談社ノベルス 990円+税 370頁 2005/11/7(1)-2006/7/2(4)
評価 ★★★1/2

辻村さんの本を読んだのはこれで3作目です。
半分程読んでも話がどういう方向に向かうのか全然、判りませんでした。
平凡な学園ものか?と思ってしまいました。
それが半分を過ぎて言葉を失ったてしまった少年”郁也”とその家政婦の多恵が登場してきてから話が面白くなりました。

主人公は高校二年生の芦沢理帆子
写真家の父は入院からの一時帰宅中に失踪、
二人暮らしの母も癌で入院する。

主人公の自己分析による性格は”すこし・不在”
誰とでも話せるのだけど、本心から付き合うことができない。
いつも本当の居場所を探している感じ。

そして父と理帆子は藤子・F・不二雄のドラえもんを愛する。

すこしxxxxxは 藤子先生がSFとの接し方で”すこし・ふしぎ”な話としている事から。
登場人物に”すこしxxxx”と理帆子が性格を定義していくところが面白く興味深い。

同級生と恋人との軋轢があったりしたところに出会った、新聞部の先輩、別所あきら。
ドラえもんの話を馬鹿にせず素直に聞いてくれ理帆子とウマがあう。

元彼の異常な行動で病院で知り合った”郁也”が行方不明に・・・

この前に読んだ辻村作品と比べるとちょっと入り込めませんでしたが後半は良かったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「地球の長い午後」ブライアン・W・オールディス 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「1リットルの涙」 木藤亜也 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

発売当初に読みましたが、当時はかなり心を揺さぶられました。最終的には、安心できたと覚えているのですが…。
辻村さんは本当に人物造形がしっかりしているなぁと思います。
TBもさせていただきました。
2008-08-03 Sun 21:27 | URL | のぽねこ [ 編集 ]
この本は装丁がとっても素敵ですよね。
私も「冷たい校舎…」「子どもたちは夜と遊ぶ」よりはのめりこめなかった気がしましたが、
なんだか自分の学生時代を思い出してしまいました~。
私も理帆子みたいにちょっと冷めたところのある性格でした^^;
2008-08-03 Sun 22:01 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんばんは~♪

ダ・ヴィンチのプラチナ本の紹介で知り、初めて触れた辻村作品です。その後発売される本はチェックしていくようになりました。『名前探しの放課後』に郁也くんも出てきます…。
2008-08-03 Sun 23:39 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
個人的には、他の辻村作品と比較すると印象が薄いです。でも他の作品の出来がすばらしく、印象が強すぎますから。
2008-08-04 Mon 18:31 | URL | yasukun0402 [ 編集 ]
のぽねこさん
>発売当初に読みましたが、当時はかなり心を揺さぶられました。最終的には、安心できたと覚えているのですが…。
>辻村さんは本当に人物造形がしっかりしているなぁと思います。
>TBもさせていただきました。
-----
コメントTBありがとうございます。
前半は、起伏がすくなく、面白くなるまでが長かったです。後半は感動しました。投げ出さず最後まで読んで良かったです。(*^_^*)
2008-08-04 Mon 21:12 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>この本は装丁がとっても素敵ですよね。
>私も「冷たい校舎…」「子どもたちは夜と遊ぶ」よりはのめりこめなかった気がしましたが、
>なんだか自分の学生時代を思い出してしまいました~。
>私も理帆子みたいにちょっと冷めたところのある性格でした^^;
-----
コメントありがとうございます。(*^_^*)
学生時代を思い出しましたか?
誰にでもその場に対する違和感を抱くことあると思います。自分なんか、知らず知らず人を傷つけてしまう事が多いのではないかと不安になることがあります。そうすると集団の中の孤独に襲われます。
2008-08-04 Mon 21:14 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪

>ダ・ヴィンチのプラチナ本の紹介で知り、初めて触れた辻村作品です。その後発売される本はチェックしていくようになりました。『名前探しの放課後』に郁也くんも出てきます…。
-----
コメントありがとうございます。
郁也くんでてくるのですか?情報ありがとうございます。楽しみになりました。(*^_^*)
2008-08-04 Mon 21:15 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
yasukun0402さん
>個人的には、他の辻村作品と比較すると印象が薄いです。でも他の作品の出来がすばらしく、印象が強すぎますから。
-----
コメントありがとうございます。
ほんとうにそう思います。他の作品が素晴らしい分、印象が弱くなってしまいますね。でも読んで良かったです。(*^_^*)
2008-08-04 Mon 21:16 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。