輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「1リットルの涙」 木藤亜也 「本日の1冊(13748)」


1リットルの涙
著者 木藤亜也
幻冬舎文庫 533円+税 270P H17/2/25(初)-H17/8/30(16)
評価★★★★★

自分は相当な天の邪鬼でベストセラーとかはあまり読みません。
それに大局に付くのが厭で少数側を応援してしまうと言う傾向があります。

まあ変わり者と云えば云える・・・・。

今日はそんな自分が本棚から選んだ一冊です。
メジャー過ぎて、内容は説明不要ですね。
25歳と言う若さでさった亜也さんの闘病の日記。

素直に泣けてきますね。
この本はTVドラマで沢尻エリカさんが主演で放送してましたね。
毎回見て涙したものです。

少しくらいの辛さに負けてはいられないですね。世間には不幸は山の様にある。
自分という小さな殻の中で目に見える範囲だけで悲観して生きる気力をなくしたり、無気力におちいって刹那的な行動をしたりしがちですが、この本はそんな気持ちに目を覚まさせる1冊。

生きることの強さを貰えます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「凍りのくじら」 辻村深月  「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「いちばん大事なこと」 養老猛司>>

コメント

私も普段ベストセラーはなかなか読みません…^^;
この作品もタイトルだけは知っていましたが、
内容は日向永遠さんのレビューを伺って初めて知りました。
面白そうですね☆なんだか共感できる部分がありそうなので機会があれば読んでみたいです。
沢尻エリカさん、東野圭吾さん原作の「手紙」を観てから好きになりました♪
あの事件後もやっぱり好きですねぇ(笑)
2008-08-02 Sat 20:24 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんばんは^^
私もなかなかベストセラーには手が伸びませんw
この本が原作のドラマも見ていませんでしたが、日向永遠さんのレビューを見たら、ときには読むことが自分にとって必要な本かな?と思いました。自分だけの不幸に酔わず強く生きることって大変だけど、大切なことですよね^^;
2008-08-02 Sat 20:34 | URL | かをる。 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>私も普段ベストセラーはなかなか読みません…^^;
>この作品もタイトルだけは知っていましたが、
>内容は日向永遠さんのレビューを伺って初めて知りました。
>面白そうですね☆なんだか共感できる部分がありそうなので機会があれば読んでみたいです。
>沢尻エリカさん、東野圭吾さん原作の「手紙」を観てから好きになりました♪
>あの事件後もやっぱり好きですねぇ(笑)
-----
コメントありがとうございます。
この本、素直に感動します。
機会があったら是非手に取ってください。
でも(涙で)人前では読めないかも・・・。
2008-08-03 Sun 16:54 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
かをる。さん
>こんばんは^^
>私もなかなかベストセラーには手が伸びませんw
>この本が原作のドラマも見ていませんでしたが、日向永遠さんのレビューを見たら、ときには読むことが自分にとって必要な本かな?と思いました。自分だけの不幸に酔わず強く生きることって大変だけど、大切なことですよね^^;
-----
コメントありがとうございます。
この本を読むと多少の苦しさで音をあげるなんて出来なくなると思います。
かをる。さんも読んでみると良いですよ。(*^^)v
2008-08-03 Sun 16:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。