輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「暗黒童話」 乙一


暗黒童話

著者 乙一
評価 ★★★★☆
集英社文庫

今年もナツイチフェアが始まりましたね。ミツバチのストラップも新しくなりました。
今年はいくつ集められるかな?

実はこの本は去年のナツイチファアで買った本でした。一年も積読状態でした(泣)
このあとに買ったZOO1,2の方を先に読んで面白かったですからもっと早く読めば良かったのですが

「暗黒童話」は 盲目の少女のために人語が解せる鴉が眼球を運んでくるところから始まる冒頭から引き込まれてしまいます。

実はこの部分は途中に挿入されている後編と作中作となっています。

話は一転し事故で記憶と左目の視力を失った女子高校生が主人公として登場します。彼女は眼球移植をうけのるのですが、手術後、奇妙な夢を見るようになります。
どうやらそれは元の左目の持ち主が見たものの様です。その記憶の中に行方不明となっている少女がありました。
記憶喪失の主人公は左目の記憶に自己を重ねていきます。そして、左目の記憶の少女を探しにもとの持ち主の土地に出かけるのでした。

グロテスクな描写も結構ありますが文体はからっとして読みやすいです。

意外性とじ~んとくる最後はちょっと感動しました。

乙一さん3冊目ですがこれからも付き合っていきたい作家さんとなりました。
早速今年のナツイチで何冊か買っておこうと思います。
(すぐ読めば ・・・と突っ込まないでくださいね。(*^_^*))

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)




スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<痛みについての考察 | ホーム | 「本の背中 本の顔」 出久根達郎>>

コメント

こんばんは~♪

乙一さん、良いですよね~♪ 大好きです。一時期はまって読んでました。あまり多作の方ではないので、なかなか新しい本が出ないのが寂しいです。今家人が興味を持って、読んでます。今年の夏イチで『夏と花火と私の死体』を購入しました。この作品もドキドキしながら読みました。昨年同様、夏イチのストラップは家人に取られてしまいました。
2008-06-28 Sat 22:04 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
「暗黒童話」積読本の1冊です…^^;
レビュー伺ったところ、やっぱり面白そうですね♪
乙一さんはうちの父も好きなようで、けっこう集めているみたいです。
今年中には読むぞ~(≧∇≦)ノ
2008-06-28 Sat 23:32 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪

>乙一さん、良いですよね~♪ 大好きです。一時期はまって読んでました。あまり多作の方ではないので、なかなか新しい本が出ないのが寂しいです。今家人が興味を持って、読んでます。今年の夏イチで『夏と花火と私の死体』を購入しました。この作品もドキドキしながら読みました。昨年同様、夏イチのストラップは家人に取られてしまいました。
-----
コメントありがとうございます。
遅まきながら乙さんの本を読んでいます。(*^_^*)
良いですね。また読みたいです。
ストラップかわいいですよね。
2008-06-29 Sun 17:27 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>「暗黒童話」積読本の1冊です…^^;
>レビュー伺ったところ、やっぱり面白そうですね♪
>乙一さんはうちの父も好きなようで、けっこう集めているみたいです。
>今年中には読むぞ~(≧∇≦)ノ
-----
コメントありがとうございます。
是非読んでみてくださいね。
なかなか面白いですよ。(*^_^*)
2008-06-29 Sun 17:28 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは^^
乙一さんの本面白いですよね♪私も好きです。ほどんど、著作は読んだはずなのに、この本は最初のみ覚えていてラストが思い出せないので、また読んでみたいと思います^^;
2008-06-29 Sun 19:13 | URL | かをる。 [ 編集 ]
うぅ・・・私はこれで乙一アレルギーになりました(笑)
確かにどんでん返しはすごかったんですが・・・乙一ワールドはちょっと私の理解の範疇を超えてました(笑)
でも、他作品にはかなり評価の高いものもあるようですし、乙一アレルギー克服のためにも他作品、挑戦してみたいですねーー(#^.^#)
2008-06-29 Sun 19:33 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
かをる。さん
>こんばんは^^
>乙一さんの本面白いですよね♪私も好きです。ほどんど、著作は読んだはずなのに、この本は最初のみ覚えていてラストが思い出せないので、また読んでみたいと思います^^;
-----
コメントありがとうございます。
最後よかったです。自分はまだまだ未読が沢山あるので楽しみ(*^_^*)
2008-06-29 Sun 22:42 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>うぅ・・・私はこれで乙一アレルギーになりました(笑)
>確かにどんでん返しはすごかったんですが・・・乙一ワールドはちょっと私の理解の範疇を超えてました(笑)
>でも、他作品にはかなり評価の高いものもあるようですし、乙一アレルギー克服のためにも他作品、挑戦してみたいですねーー(#^.^#)
-----
コメントありがとうございます。
確かにあの2人で一人の化け物とか、苦痛もなく生きていけるとかの設定に拒否反応がでるかも・・・。その気持ち分ります。これが乙一にはじめて接する作品となるとあまり良くないかも。。。(*^_^*)
2008-06-29 Sun 22:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。