輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「文藝春秋SPECIAL 季刊夏号 日本人へ」

楽天ブックスにはありませんでしたが
文藝春秋SPECIAL 季刊夏号 
1000円

特集 日本人へ 私が伝えのこしたいこと 
がでています。

佐藤愛子さんの巻頭エッセイ ”人が時代を作り、時代が人を作る”
からはじまり、柳田邦男、中西輝政、曾野綾子、上坂冬子、・・・
関川夏央、鈴木孝夫

そうそうたるメンバーが記事をよせています。

各人各様で面白いです。
哲学者の中島義道は”何も伝え残したいものはない”と言いきっている。
そうかと言えば、作家、惠隆之介の紹介している大戦中の駆逐艦「雷」艦長 工藤俊作の
武士道精神。工藤は、敵英巡洋艦「エクデター」の撃沈後の漂流者を潜水艦攻撃の危険の中、敵兵であるのに関わらず、救出したのである。その数は、「雷」の乗組員220名に対し、450名。 救出後、艦載の食糧のすべてを提供し歓待したのである。そして今年7月には当時、英国海軍中尉サー・フォールが来日し工藤艦長の墓前で顕彰会を挙行するとのことです。

こう言った逸話の数々ものっています。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。(*^_^*)



スポンサーサイト

雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「吉原御免状」 隆慶一郎 | ホーム | 「環境問題のウソ」 池田清彦>>

コメント

おぉ~豪華なメンバーですね!!おもしろそう!!本屋で探してみます(*´ー`)
2008-06-10 Tue 20:54 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>おぉ~豪華なメンバーですね!!おもしろそう!!本屋で探してみます(*´ー`)
-----
探してみてくださいね。面白いですよ。(*^_^*)
2008-06-10 Tue 23:41 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。