輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「他人と深く関わらずに生きるには」 池田清彦


他人と深く関わらずに生きるには
著者 池田清彦
新潮文庫
評価 ★★★★★

示唆に富んだ本です。
”正しく生きるとはどういう事か”と一部ダブりますが成程と納得する内容です。

「ボランティアはしない方がかっこい」「おせっかいはなるべく焼かない」
「車もこないのに赤信号で待っている人はバカである」

等々、読む前は”何故?”って感じですが読むと目から鱗の内容です。

「ボランティアはしない方がかっこい」では、ボランティアが自己の満足するために行われているケースが多く、またボランティアの行為に無意識に代償を求めてしまう。親切にしたのだからお礼を言われたい。でもすべての人が親切な行為を望んでいるのではない。中にはほって置いて欲しい人も稀かもしれないが居る。そんな人にお礼(の言葉)を期待するのは間違っている。ほんとのボランティアはなにも求めてはいけない。どういうリアクションをするかはされる側の自由であり、決して強制できるものではない。全てとは言わないが中にはボランティアと言うおせっかいもありえるのではないか。また、ボランティアが一部の職業の邪魔をしているのではないか。
もちろん、ボランティアをする自由も、勿論ある。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「SFはこれを読め!」 谷岡一郎 | ホーム | 「予知夢」 東野圭吾>>

コメント

いや、既に「おはようございます」でしょうか。(^^;

>ボランティアが自己の満足するために行われているケースが多く、
>またボランティアの行為に無意識に代償を求めてしまう。

そうなんです。
この点は非常に難しいと思います。
人間は神ではありませんから。

以前私もボランティアのようなことをやっていた時期があるんですが、
せめて、相手に喜んでほしいという気持ちがが常にありました。

しかし、それすらもダメだと言われて「ハイ、そうですか」と気持ちを切り替えられるほど、私はできた人間ではないので、
私の活動は、私が何かをしてあげた相手が喜ぶのを見るために、「自分の為」にやっているのだと、納得することにしました。

そして、もし相手が喜んでいなければ、それは自分のやり方がまずかったのだと思うことにしました。

それ以来、けっこう気楽に活動できるようになりました。(^^ゞ
2008-05-13 Tue 04:16 | URL | カトミノ [ 編集 ]
カトミノさん
>いや、既に「おはようございます」でしょうか。(^^;

>>ボランティアが自己の満足するために行われているケースが多く、
>>またボランティアの行為に無意識に代償を求めてしまう。

>そうなんです。
>この点は非常に難しいと思います。
>人間は神ではありませんから。

>以前私もボランティアのようなことをやっていた時期があるんですが、
>せめて、相手に喜んでほしいという気持ちがが常にありました。

>しかし、それすらもダメだと言われて「ハイ、そうですか」と気持ちを切り替えられるほど、私はできた人間ではないので、
>私の活動は、私が何かをしてあげた相手が喜ぶのを見るために、「自分の為」にやっているのだと、納得することにしました。

>そして、もし相手が喜んでいなければ、それは自分のやり方がまずかったのだと思うことにしました。

>それ以来、けっこう気楽に活動できるようになりました。(^^ゞ
-----
コメントありがとうございます。
勿論、ボランティアはする方もされる方も気持ち良くできれば良いに越したことはないですね。
ただ本当に必要なのかは難しい場面もあるかと思います。
2008-05-14 Wed 21:58 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
ボランティア、日本人には難しいですよね。
私も以前、市のボランティアをしていたことがあるのですが、本当に役に立っているのか疑問でした。
市の予算を使ってのことだったのですが、なんだか自己満足のような気がしてやめてしまいました。

本当のボランティアとはどういうものなのでしょうか。
アメリカやヨーロッパ諸国のキリスト教圏となりたちの違う日本では理解しにくいところもあるようにあります。

日本人らしく相手の立場にたった親切、それを考えることも大切なのかもしれません。

本当に難しいですよね。
2008-05-15 Thu 19:23 | URL | レーナマリア [ 編集 ]
レーナマリアさん
>ボランティア、日本人には難しいですよね。
>私も以前、市のボランティアをしていたことがあるのですが、本当に役に立っているのか疑問でした。
>市の予算を使ってのことだったのですが、なんだか自己満足のような気がしてやめてしまいました。

>本当のボランティアとはどういうものなのでしょうか。
>アメリカやヨーロッパ諸国のキリスト教圏となりたちの違う日本では理解しにくいところもあるようにあります。

>日本人らしく相手の立場にたった親切、それを考えることも大切なのかもしれません。

>本当に難しいですよね。
-----
コメントありがとうございます。
ボランティア、考えると難しいです。
本当に心からの無償の行為としておこなえれば良いのでしょうが。
自分はやったことがないので何とも言えません。
内容によるのでしょうね。
2008-05-15 Thu 23:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。