輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北京オリンピック・聖火リレーと抗議活動についての私見

同時代に生きる身として今回の中国オリンピックの聖火リレーとチベット弾圧に反対する抗議活動について私見をまとめておきたい。

2008年3月チベット独立を求めるデモと対する中国共産党の武力警察による弾圧がおきた。
それは今年の8月の北京オリンピックにたいする国際社会の注目を狙った活動である事は衆目の一致するところである。
チベット側のこの目論見は成功したと思う。ダライ・ラマ14世とデモ活動の関係がどれほどあるかは不明だが、無関係ではありえないと感じる。

まずこのデモ活動について、真情は現地の人でないとわからないが、情報から判断して独立を求めるのは納得できる。そしてそのためにデモ活動にも賛成する。
暴力的行為が発生した事も事実。ただし、それは作用と反作用、攻撃と報復の結果であろう。


中国政府(果たして一党独裁の政権で政府と呼んで良いのかはおいておく)はダライ・ラマを「悪魔」と呼び対話の道を閉ざしてしまった様に思える。

国際社会はこの事に失望している。

聖火リレーの妨害について考える。
チベットの問題等でオリンピックを中国で開催する事自体にどう考えるのか

私見だが、自分はまだ早かったと思う。
その理由、中国は国際社会にたいしてオープンでないこと。(民主主義でない事とは別に)
チベットでの人権問題をはじめ、宗教の自由が著しく阻害されていること。
ニュース等の言論が操作されていること。ダルフール問題。

オリンピックにも問題がある。それは利権である。あれだけショービジネス化されていると純粋にスポーツの祭典とは思えない。中国経済を期待した米国やその他の国や企業。

ベルリンオリンピックを引き合いにだした論調をよく目にするとおり北京オリンピックにその危険性がないとは言い切れない。

これだけ多くの問題があるので聖火リレーを妨害する人々の気持ちを分からないではない。
しかし過激な行動はやはりいけない。プラカード、行進、シュピレヒコールで十分伝わると思う。

中国留学生を中心とした中国サポーターの応援も良いと思う。

しかし、普通に応援しようとおもった人々からみればやはりどうか。

今回の聖火リレーのガードのものものしさは異様だった。

オリンピックの開催は良いとして問題はその後である。
(大気汚染や食の安全等で選手や観客への不安はあるが)

中国は国のアピールに成功するのか、ナショナリズムはどうなるのか(国内のガス抜き効果もあるだろう)

国際社会の反応はどうなるか。経済活動の現実の前に理想は消えてしまうのか。
大袈裟に言えば、経済(欲望)と世界平和(理想)の天秤。
理想では生活がなりたたない事実があるので経済的考えが強くなる。
しかし、それで良いのか。

今回はここまで。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



 
スポンサーサイト

雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「だから、あなたも生きぬいて」 大平光代 | ホーム | 「仏教・神道・儒教集中講座」 井沢元彦>>

コメント

サッカーアジアカップの時の日本バッシングに憤慨している者としては、今回の騒動は身から出た錆だとしか思えません。

どうせ北京五輪でも日本選手へのブーイングや不利なジャッジが頻発するでしょうし、あの国にスポーツをやる資格なんかないと思います。
2008-04-29 Tue 23:44 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
先週の報道2001をみていて非常に憤りを感じました。高村外相と在日中国人コメンテーターにです。彼らは中国擁護のコメントをのべつづけ、高村外相はちらちらと在日中国人の顔をみながら一生懸命中国に阿った言葉を選んでいる。
そこに司会者と古森義久さんが正当な意見をばしっと述べてくれたところは唯一溜飲が下がった瞬間でした(^~^;)ゞ
それにしても高村外相、ほんっとーーに失望しました。鋭い指摘にはのらりくらりと論点ずらし。詭弁を用いて中国擁護。まるで左翼の答弁もしくは朝日新聞を見ているようでしたよ・・・
2008-04-30 Wed 22:03 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
やきまん十さん
>サッカーアジアカップの時の日本バッシングに憤慨している者としては、今回の騒動は身から出た錆だとしか思えません。

>どうせ北京五輪でも日本選手へのブーイングや不利なジャッジが頻発するでしょうし、あの国にスポーツをやる資格なんかないと思います。
-----
コメントありがとうございます。
国家の威信をかけて中国はオリンピックを開催するでしょう。しかし、始まる前からこの状態でははたしてどんな結果になるのでしょう。
臭いものには蓋をして隠してしまう国だと思います。新しく奇麗なものばかりが注目されるわけではないと思います。

2008-04-30 Wed 22:59 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>先週の報道2001をみていて非常に憤りを感じました。高村外相と在日中国人コメンテーターにです。彼らは中国擁護のコメントをのべつづけ、高村外相はちらちらと在日中国人の顔をみながら一生懸命中国に阿った言葉を選んでいる。
>そこに司会者と古森義久さんが正当な意見をばしっと述べてくれたところは唯一溜飲が下がった瞬間でした(^~^;)ゞ
>それにしても高村外相、ほんっとーーに失望しました。鋭い指摘にはのらりくらりと論点ずらし。詭弁を用いて中国擁護。まるで左翼の答弁もしくは朝日新聞を見ているようでしたよ・・・
-----
自分はそのテレビをみていませんが酷いですね。
どっちを向いて政治(外交)をしているのか疑います。資格なしです。ほんとに頭にきますね。
世論をばかにしないでほしいです。
2008-04-30 Wed 23:01 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。