輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「深泥丘奇談」 綾辻行人 「本日の1冊(13748)」


深泥丘奇談(みどろがおかきだん)
著者 綾辻行人
メディアファクトリー 1580円+税 319ページ 2008/2/29
評価 ★★★★☆


実は今日は、風邪を引いたため、会社を休み一日寝ていました。薬を飲んで夢うつつの中この本をよんでいたのです。

作者の写しとも言える主人公が深泥丘で遭遇する奇怪な出来事。
作中で主人公が眩暈に襲われる度に自分も微熱の中ぐるぐると目が回る感覚に襲われました。(ちょっとオーバー)

装丁や中の隅に描かれた挿絵が幻想的で良い感じです。墨絵の様な味のある絵で物語に味わいを添えております。


 入院中の病室でふと目をさますと「ちちちっ」とどこからか声がする。
 ふとやった壁の染みが・・ 翌日、検査の終わりに見たものは・・

丘の向こう 
 退院ご、運動をすすめられ散歩に行った丘の向こうでみた鉄道。こんな路線が走っていたのか?そこに集まる鉄道マニア。ごうごうと音をたて走ってきたものは・・。

長びく雨
 何十日も降り続く雨。40年前の少年の頃とった写真の背景に写っている橋にかかる影は。
 深泥丘病院を訪れた私が耳した事の意味は・・・

悪霊憑き
 深泥丘に昔からいる悪霊、魔物「****」にとり憑かれた女性の憑き物おとしに立ち会う事になった主人公。待っていたのはあらたな事実。 「この世にはね、不思議なことがあるものなのです。」

サムザムシ
 耐え切れない歯痛で病院を訪れれる事に。昔、妻の実家の近くの歯医者で治療した虫歯が痛み出したのだが、その一生ものの治療方法のはずが・・。

開けるな
 扉と鍵にまつわる不思議な話。在りえない所から鍵を手にいれた主人公。

六山の夜
 京都の大文字焼きの様な文字焼きを深泥丘の山でもやる。いつもは五山なのだが、今年は六山の年。六番目の山に文字が浮かびあがったその時・・・。

深泥丘魔術団
 深泥丘病院で毎年行われるマジックショー。観客として出かけた主人公はステージによばれ不気味な箱の中へ、そして右手が、左手が・・。 

 
 新年を迎えようとしている家で、”ぎゃああ”と人ではないなにか物の怪の様な声が
 妻と窓から覗くとそこには・・・。 

の九編を収録。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:1 |
<<ある日の記録 | ホーム | 「人類が知っていることすべての短い歴史」 ビル・ブライトン>>

コメント

こんばんは~♪

風邪、大丈夫ですか? 風邪は薬よりもゆっくり養生するのが一番だと思います。薬で緩和したと油断せずに、お大事に。
今日は自分の住んでいる所は傘もさせないほどで、春の嵐、大変だったようです。寒かったし…。
2008-04-08 Tue 22:59 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪

>風邪、大丈夫ですか? 風邪は薬よりもゆっくり養生するのが一番だと思います。薬で緩和したと油断せずに、お大事に。
>今日は自分の住んでいる所は傘もさせないほどで、春の嵐、大変だったようです。寒かったし…。
-----
コメントありがとうございます。
昨日は一日寝ていました。ゆっくりしたのですが体がなんかだるいです。歳もあるのでもうあまり無理はしない様にしようと思っています。
2008-04-09 Wed 07:37 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
 布団でまどろみながらの読書っていいですよねー。
 ひどい風邪じゃ、どうしょもないですけどねー。
 私も風邪気味です、ここのところ。
 お大事にして下さーい。
2008-04-09 Wed 09:05 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
> 布団でまどろみながらの読書っていいですよねー。
> ひどい風邪じゃ、どうしょもないですけどねー。
> 私も風邪気味です、ここのところ。
> お大事にして下さーい。
-----
ありがとうございます。
会社から今帰ってきました。昨日良く寝たせいか、かなり楽になりました。今日も無理せず早く寝ます。(*^_^*)
2008-04-09 Wed 21:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
TB頂きました。

私は基本的にはミステリばかり読んでます。綾辻さんはその中でも大好きな作家さんの一人です。

この作品にはいい意味で期待を裏切られました。

絶対にどこかでどんでん返しがあると思っていたので。

また遊びに来ますね。
2008-04-28 Mon 14:42 | URL | ぴぐ0818 [ 編集 ]
ぴぐ0818さん
>TB頂きました。

>私は基本的にはミステリばかり読んでます。綾辻さんはその中でも大好きな作家さんの一人です。

>この作品にはいい意味で期待を裏切られました。

>絶対にどこかでどんでん返しがあると思っていたので。

>また遊びに来ますね。
-----
はじめまして!
コメントありがとうございます。m(__)m
またくてくださいね。
2008-04-28 Mon 23:39 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
今日は仕事帰りに広島焼きを食べてきました(*^_^*)
美味しかった!!…けど明日の体重が怖いです(笑)

先ほど「深泥丘奇談」のレビューをUPしたので、TB頂いていきますね!
日向さんは随分前に読まれていたんですねぇ^^
続編の方は、夏になってから読もうかなって思っています♪
2014-01-28 Tue 21:26 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます!!

広島焼き・・お好み焼きの事ですか?最近食べてないな~美味しそう(この時間は毒ですね^^)

深泥丘・・・かなり面白いというか奇妙な味の作品だったかと・・・うう、覚えてない。
続編も出てるんですね。そちらは未読なんですよ~~
2014-01-28 Tue 22:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

深泥丘奇談 著者:綾辻行人 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 驚異と幻想の地誌学と謎めいた世界観、生理的な恐怖と精神的な恐れや畏れ…それらを精妙につなぎ合わせる超絶の筆さばき。怪談専門誌『幽』創刊号での連載開始以来、読者の熱狂的な支持が続く「深泥丘連作」、第一集。 【目次】 顔/丘の向こう/長引く雨/悪霊憑き/サムザムシ/開けるな/六山の夜/深泥丘魔術...
2014-01-28 Tue 21:21 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。