輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「人類が知っていることすべての短い歴史」 ビル・ブライトン


人類が知っていることすべての短い歴史
著者 ビル・ブライトン
NHK出版 639頁 3000円+税 2006年3月25日

評価 ★★★☆☆

半分程読んで(それも2年位かけて)そのままにしてあったのですが後半をぱらぱら拾い読みしました。

宇宙、地球、原子、生命 広範囲にわたって科学者たちの苦闘や変人ぶりが書かれていて楽しめます。でも長いので自分の好きな項目(たとえばDNAとか)を読むのが良いですね。

科学関係の書物をときどく読みたくなる自分ですのでこう言った本は良いです。

「ワープする宇宙」も買ってあるのですがページを開いていません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10ー43秒という時間の長さ。テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、驚くべき物語が隠されていた。科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。科学を退屈から救い出した大傑作。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1部 宇宙の道しるべ/第2部 地球の大きさ/第3部 新たな時代の夜明け/第4部 危険な惑星/第5部 生命の誕生/第6部 わたしたちまでの道のり


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「深泥丘奇談」 綾辻行人 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「同窓会に行ってきました」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。