輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無意識は意識の一種なのか?

無意識は意識か

このての話をする相手がいないのでブログにアップします。

無意識にしてしまいました。 良くある話です。

無意識は意識の一種だとするとそれはどういう意識の上に行動するのか。

条件反射と無意識とは違うのか?
条件反射とは運動を司る体の反応だ。

対して無意識とはある状況にたいする行動を知らずにプログラミングする事ではないのでしょうか。

つまり、経験値を知らず知らずに蓄積し、最善の行動を記憶の底にしまい込む。
そこに無意識を生じるなにかが生まれる。

生命保存のためのはじめからDNAに刷り込まれている無意識もあると思います。

しかし個々の人格に育成される無意識があるとするとそこにその人の性格や環境が影響する事は
必然だとだと思われる。

環境・・・・ユングのいうところの集団的無意識を想定する根拠となるもととなる。

日本人固有の無意識
アメリカ人の固有

黒人の固有。
白人の固有。

そして人類の無意識。

意識の共有

無意識が個を優先するのかその集団を代表するのかケースバイケースだと思われる。

その影響が個の範囲なら個を優先する無意識が働き、集団に及ぼす影響だとすると個を犠牲に集団保存に動くのではないか。・・・そんな複雑な状況で人は無意識になんか行動するのかありえないかもしれない。

しかし無意識が意識に影響または意識が無意識(のもと)を育てていると言えるのではないか。

すべて仮定の話。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




スポンサーサイト

雑記 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「石の扉」 加治将一 | ホーム | Yonda?CLUBのブックカバー>>

コメント

 奥深い話ですね。。
 無意識領域が脳内にありそうですよね。
 よくあることと思いますが、今ふと思ったのは、自分がしゃべった言葉や思ったことに対して「あれ?なんで俺はこんなこと知っているんだ?」と思うことないですか?
2008-03-13 Thu 08:21 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
こんばんは~♪
自分の大好きなユングの話に食いついてしまいました。自分の中ではユング=河合準雄先生と結びついてしまします。死ぬまで精力的に活動されていた河合先生。高校生の時に河合先生を知り、その考え方にとても救われました。亡くなられた時、本当に悲しかったです。大卒後の就職で尚更カウンセリングの勉強を余儀なくされましたが、自分の心は救われなかったです。今も…。でも、自分は人類としての無意識を信じています。漫画家ですが水樹和佳さんの作品に惹かれるのはそんな所なんでしょうね。好き嫌いではなく一番気になるのは、『樹魔・伝説』です。
2008-03-13 Thu 18:14 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
> 奥深い話ですね。。
> 無意識領域が脳内にありそうですよね。
> よくあることと思いますが、今ふと思ったのは、自分がしゃべった言葉や思ったことに対して「あれ?なんで俺はこんなこと知っているんだ?」と思うことないですか?
-----
コメントありがとうございます。
こんな事考えてるの変ですよね。
時々、こんな事を考えてます。(*^_^*)

でも何でこんな・・・って事ありますね。
2008-03-13 Thu 23:40 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪
>自分の大好きなユングの話に食いついてしまいました。自分の中ではユング=河合準雄先生と結びついてしまします。死ぬまで精力的に活動されていた河合先生。高校生の時に河合先生を知り、その考え方にとても救われました。亡くなられた時、本当に悲しかったです。大卒後の就職で尚更カウンセリングの勉強を余儀なくされましたが、自分の心は救われなかったです。今も…。でも、自分は人類としての無意識を信じています。漫画家ですが水樹和佳さんの作品に惹かれるのはそんな所なんでしょうね。好き嫌いではなく一番気になるのは、『樹魔・伝説』です。
-----
茨木月季さん、ユング、好きですか?
好きというと語弊があるかもしれませんが。
自分もユングには凄く惹かれるところがあります。
あとニーチェも心理学と哲学でその分野はちがいますがなにか共通なところをかんじます。
河合準雄さんほんとに残念ですね。
新潮社の雑誌”考える人”の冬号で追悼特集をしてます。もし未読でしたら読んでみると良いですよ。
2008-03-13 Thu 23:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
これは私も高校時代に一生懸命考えました。今でもたまに考えますね。結局答えは出ないのだけれど(;^ω^A

そういや高校の倫理の授業でもならいましたね、意識無意識。今、当時の板書された図を思い出しました。
2008-03-14 Fri 05:05 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
無意識にしたとは言っても、潜在意識の刷り込みに基づいていることってありますよね。
2008-03-14 Fri 20:55 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>これは私も高校時代に一生懸命考えました。今でもたまに考えますね。結局答えは出ないのだけれど(;^ω^A

>そういや高校の倫理の授業でもならいましたね、意識無意識。今、当時の板書された図を思い出しました。
-----
コメントありがとうございます。
学校で習いましたっけ?
全然覚えていません。 本をよんでいると定期的にブッラッシュアップされて良いですね。
こう言った、益にも不利益にもならない事を良く考えています。(*^_^*)
2008-03-14 Fri 22:05 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
やきまん十さん
>無意識にしたとは言っても、潜在意識の刷り込みに基づいていることってありますよね。
-----
コメントありがとうございます。
そうですね。あると思います。(*^_^*)
2008-03-14 Fri 22:06 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。