輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「打たれ強くなるための読書術」 東郷雄二


打たれ強くなるための読書術
著者 東郷雄二
ちくま新書
評価 ★★☆☆☆

「知に打たれ強い」とはどう言う事か
それは「正解のない世界に耐える」という事であり、ビター・チョコレートの様に苦味走った大人の態度なのだ。(本文より)

多くの読書論とは違い、実践的な方法論が展開されている。
どちらかと言うと卒論を書こうとしている大学生や、研究テーマなどをもっている教師等
向けの本かもしれません。

一般の読書好きはターゲットに入っていない様です。

この中で有益な情報は 新聞各社の書評欄がWEB で見る事ができる事を知った事です。

朝日新聞
http://book.asahi.com/

毎日新聞
http://mainichi.jp/enta/book/

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/book/

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/books.htm


積読の効果も書かれていますよ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「玩具修理者」 小林泰三 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「ジーキル博士とハイド氏」 スティーヴンソン 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんにちは!
各新聞の書評が見られる事、知りませんでした。情報有難うございます♪
2008-02-26 Tue 09:13 | URL | samiado [ 編集 ]
「知に打たれ強い」とはどう言う事は「正解のない世界に耐える」ということ。
とは、なるほどうまくいっていますね。
「正解のない世界に耐える」とはかなり難しいことですし、辛いことです。
ついつい正解を求めてしまいます。
でも、本当は正解のないことの方が多いのでしょうね。
それに耐えられるということは、大切なことです。
無視するのではなくて耐えるのです。
良い言葉ですね。
ありがとうございます。
2008-02-26 Tue 19:05 | URL | レーナマリア [ 編集 ]
samiadoさん
>こんにちは!
>各新聞の書評が見られる事、知りませんでした。情報有難うございます♪
-----
コメントありがとうございます。
自分も知りませんでした。
役に立ちますか?嬉しいです。(*^_^*)
2008-02-26 Tue 22:54 | URL | hina_max [ 編集 ]
レーナマリアさん
>「知に打たれ強い」とはどう言う事は「正解のない世界に耐える」ということ。
>とは、なるほどうまくいっていますね。
>「正解のない世界に耐える」とはかなり難しいことですし、辛いことです。
>ついつい正解を求めてしまいます。
>でも、本当は正解のないことの方が多いのでしょうね。
>それに耐えられるということは、大切なことです。
>無視するのではなくて耐えるのです。
>良い言葉ですね。
>ありがとうございます。
-----
コメントありがとうございます。
確かに良いと悪い、2項対立、選択になりがちな世の中ですね。割りきれる事ばかりではないのに、決めてしまうのは、どうかしてますね。
2008-02-26 Tue 22:56 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。