輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ジーキル博士とハイド氏」 スティーヴンソン 「本日の1冊(13748)」


ジーキル博士とハイド氏
著者 スティーヴンソン
岩波文庫、角川文庫、新潮文庫・・・・
評価 ★★★★★

積読本の中から一番薄い本を選んだらこの本になりました。
約120ページなのですぐ読めます。

皆さんご存知の古典的名作です。
少年ころ読んだか、聞いたかして話の内容はわかっていましたが改めて読みたくなりました。

ジーキル博士は人間に潜む、薬により善と悪の人格の分離に成功した。

善良なジーキル博士は薬をのんだあと、体が縮むほどの苦痛のすえ悪の分身、ハイド氏に変身する事ができた。

小さな時から自分の2面性に苦しんできた博士にとってそれは自己への欺瞞からの開放でもあった。ハイドとなり享楽的、刹那的、快楽に溺れる生活を送ると伴にジーキル博士として社会的尊敬を集める生活も送れる存在を手に入れられたのだ。

しかし、それは次第に悪夢へと変わる。
自分の意思と反していつの間にかハイドに変わってしまう様になってきたのだ。

それと薬を調剤する原料も無くなって来た。
最後は悲劇となって幕を閉じる。

誰もが持つ善と悪の2面性を描く古典的傑作。
人を人たらしめているもの、それは悪を制御する良心だと思います。

誰も悪への誘惑をもっていると思います。それをスティーヴンスンはこの様な物語に昇華させたのだと思います。素直に怪奇な話として読むのが一番面白いと思います。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:14 | トラックバック:0 |
<<「打たれ強くなるための読書術」 東郷雄二 | ホーム | 「ラナーク」 アラスター・グレイ 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

「ジーキル博士とハイド氏」タイトルだけは知っていましたが、こんなお話だったのですねぇ。
確かこれ映画化もされていましたよね??
岩波文庫やちくま文庫、なかなか普段目につかないところにありますよね^^;
2008-02-23 Sat 20:00 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
うちの母が若いころに買ったこの本が本棚にありました。高校時代読もうとしましたが、字のあまりの小ささ、訳の古さに断念した記憶があります(^~^;)ゞ
でもおもしろそうですねーー新訳で読んでみたいです♪
蛇足ですが、母が買った本、価格が確か150円くらいで、その安さに驚きました(笑)今から30年以上前だとそんなに本が安かったんだと、衝撃でしたねーー
2008-02-23 Sat 20:54 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
私はこの本を絵本で読みました。
変身した後の顔がとても怖かったのを覚えています。


2008-02-23 Sat 21:37 | URL | オレンジ37 [ 編集 ]
こんばんは♪ 勇気を出してこちらにもお邪魔しましたー(*^_^*)

この話、最後は悲劇で終わるんですね・・・。
あまりにも有名なんで知ってるつもりでしたが、全然内容知りませんでした。
これは一度読んでみないと!
2008-02-23 Sat 21:50 | URL | 流れ星キラー [ 編集 ]
「ジキルとハイド」はドラえもんの秘密道具で知りました。
2008-02-23 Sat 22:37 | URL | カトミノ [ 編集 ]
読んだ事はないのですが、話は大体知っています。
私も一度読んでみようかな~こういう話好きです。
2008-02-24 Sun 07:16 | URL | チビーズ0439 [ 編集 ]
nanaco☆さん
>「ジーキル博士とハイド氏」タイトルだけは知っていましたが、こんなお話だったのですねぇ。
>確かこれ映画化もされていましたよね??
>岩波文庫やちくま文庫、なかなか普段目につかないところにありますよね^^;
-----
何十回も映画化されたそうです。
自分も年少の頃、テレビで観た記憶があります。
怖かった事を覚えています。
岩波文庫たしかに目だちませんね。(*^_^*)
2008-02-24 Sun 18:15 | URL | hina_max [ 編集 ]
さゆみ1194さん
コメントありがとうございます。
>うちの母が若いころに買ったこの本が本棚にありました。高校時代読もうとしましたが、字のあまりの小ささ、訳の古さに断念した記憶があります(^~^;)ゞ

古いとやっぱり読み辛いですね。
興味が半減してしまいますね。

>でもおもしろそうですねーー新訳で読んでみたいです♪
>蛇足ですが、母が買った本、価格が確か150円くらいで、その安さに驚きました(笑)今から30年以上前だとそんなに本が安かったんだと、衝撃でしたねーー
昔は500円で大概の文庫は買えたものでした。
今、は殆どが500円では買えませんね。

でも他の物に比べれば上昇率は少ないかも。
2008-02-24 Sun 18:18 | URL | hina_max [ 編集 ]
オレンジ37さん
>私はこの本を絵本で読みました。
>変身した後の顔がとても怖かったのを覚えています。
-----
子供の頃、色々なものが怖かったですね。
この映画の凄く怖かった覚えがあります。
絵本は見たことありません。ちょっと見てみたい気もします。
2008-02-24 Sun 18:19 | URL | hina_max [ 編集 ]
流れ星キラーさん
>こんばんは♪ 勇気を出してこちらにもお邪魔しましたー(*^_^*)

>この話、最後は悲劇で終わるんですね・・・。
>あまりにも有名なんで知ってるつもりでしたが、全然内容知りませんでした。
>これは一度読んでみないと!
-----
コメントありがとうございます。
是非、また来てくださいね。

有名すぎて読んでない本は色々ありますね。
機会をみて読んでみたいです。(*^_^*)
2008-02-24 Sun 18:21 | URL | hina_max [ 編集 ]
カトミノさん
>「ジキルとハイド」はドラえもんの秘密道具で知りました。
-----
コメントありがとうございます。
へ~ドラえもんに出てくるんですね。
知りませんでした。(*^_^*)
2008-02-24 Sun 18:22 | URL | hina_max [ 編集 ]
チビーズ0439さん
>読んだ事はないのですが、話は大体知っています。
>私も一度読んでみようかな~こういう話好きです。
-----
名作ですね。やっぱり。
雰囲気いいですよ。(*^_^*)
2008-02-24 Sun 18:22 | URL | hina_max [ 編集 ]
こんばんは~♪
家人に新版で購入しました。好きそうなので…。白黒の映画も大昔に観て、未だに印象に残ってます。今日、「子どもたちは夜と遊ぶ」を読了して、少し「ジキル博士とハイド氏」に思いをはせました。一番に思いついたのは「永遠の子」ですが…。
2008-02-24 Sun 23:26 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは~♪
コメントありがとうございます。

>家人に新版で購入しました。好きそうなので…。白黒の映画も大昔に観て、未だに印象に残ってます。今日、「子どもたちは夜と遊ぶ」を読了して、少し「ジキル博士とハイド氏」に思いをはせました。一番に思いついたのは「永遠の子」ですが…。
-----
おおそうですか?どんな感想をもつのか楽しみ。
古いのでちょっと心配です。(*^_^*)
2008-02-25 Mon 21:52 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。