輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「カンタン刑」 式貴士 「本日の1冊(13748)」


カンタン刑
著者 式貴士
光文社文庫
評価 ★★★★☆

式貴士 怪奇小説コレクション

懐かしい名前ですね。式貴士。
思わず購入しました。
以前、”カンタン刑”と”イースター菌”の2作、読みましたが、殆ど忘れてましたから新鮮な感覚で読みました。


○カンタン刑
 死刑よりはるかに重く、恐ろしいカンタン刑。その内容は思わず死にたくなる怖さ、おぞましさ。苦しさ。
 食事の前、直後は読まない方が良いかも。気の弱い人にはお勧めできないです。

○首吊り三味線
 首吊りのはなし・・・途中から驚くべき話が。
 この話も怖いですよ。

○涸いた子宮
 庭に美しい裸女が・・・果たしてだれなのか?記憶もなく言葉も喋れない。

○ヘッド・ワイフ
 医療技術の進歩で首だけでも生きていける様になった。
 交通事故で首だけになってしまった妻。

○おれの人形
 俺には超能力がある。それは触れるだけで石にしてしまう特殊な能力。
 大学の憧れの女生徒を部屋につれて来ることに成功したおれは彼女の両足を石にしてします。 その日から彼女は生きた人形に。かなりエロチックな話。

○マイ・アドニス
 芸術家の私の前に理想的な美少年が。その少年にモデルに木製の彫刻を作成。
 そしてその作品を愛し、愛でるのだが・・・。

○血の海
 白血病の妻。冗談で血がいっぱいあったらと話した翌日、蛇口から人の生き血が・・・。
 世界は血の海に。

○アイス・ベイビー
 堕胎した赤ちゃんを特殊な装置で、知能をなくし、30分程で望みの年齢まで成長できる仕組みがある世界。人の形をしているが人とはちがう生物。アイス・ベイビー。人々はペットの様にアイス・ベイビーを育てる。 

○メニエール蝉

○塵もつもれば

○鉄輪の舞

○東城線見聞録

○仕置猫(上村一夫画)

どれも刺激が強いですよ。これは好き嫌いがはっきりでる作品集です。
もう少し読みたいです。第2集もでないかな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<最近の私的読書の仕方 | ホーム | 「羊たちの沈黙」 トマス・ハリス>>

コメント

>医療技術の進歩で首だけでも生きていける様になった。

 うほ!こーわっ!
 相当グロそうですなぁ。。
2008-02-14 Thu 09:27 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
ひぇ~!!hina maxさん、これ相当怖そうですけど?!(笑)
私が昨日読んだ「五つの鍵の物語」の怖さなんて目じゃないですね…
でも個人的にちょっとSFっぽいアイス・ベイビーが気になります。なんだか海外作品にありそうなお話ですね。
2008-02-14 Thu 21:25 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
>>医療技術の進歩で首だけでも生きていける様になった。

> うほ!こーわっ!
> 相当グロそうですなぁ。。
-----
コメントありがとうございます。
そうですね。グロいですよ。
でも、皆に薦めたいです。読んでみて、
どんな感想か聞きたいです。(*^_^*)

2008-02-14 Thu 22:06 | URL | hina_max [ 編集 ]
nanaco☆さん
>ひぇ~!!hina maxさん、これ相当怖そうですけど?!(笑)
>私が昨日読んだ「五つの鍵の物語」の怖さなんて目じゃないですね…
>でも個人的にちょっとSFっぽいアイス・ベイビーが気になります。なんだか海外作品にありそうなお話ですね。
-----
コメントありがとうございます。
怖いですよ。表題作の「カンタン刑」は綾辻行人さんが怖い話で真っ先にあげてた小説です。
機会があったら読んでみて下さい。驚愕です。

2008-02-14 Thu 22:08 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。