輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ユダの窓」 カーター・ディクスン


ユダの窓
著者 カーター・ディクスン
ハヤカワ・ミステリ文庫
評価 ★★★★★

カーター・ディクスン(ディクスン・カー)の中ならこの一冊です。
法廷の場面の雰囲気はいいですよ。
ヘンリー・メリヴェール(H・M)も最高の味です。

ユダの窓とは?

密室モノの古典です。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。






スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「ミステリ十二か月」 北村薫 | ホーム | 「冥都七事件」 物集高音>>

コメント

キリストの弟子ですよね?
ユダという名前だけでミステリーのにおいがぷんぷんします。(^^)/
2008-01-24 Thu 23:36 | URL | カトミノ [ 編集 ]
この作者の書くでオジさん探偵って味があって大好きです。
2008-01-25 Fri 20:55 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
カトミノさん
>キリストの弟子ですよね?
>ユダという名前だけでミステリーのにおいがぷんぷんします。(^^)/
-----
コメントありがとうございます。
ユダの窓の意味がわかるとビックリです。(*^_^*)
2008-01-26 Sat 09:52 | URL | hina_max [ 編集 ]
やきまん十さん
>この作者の書くでオジさん探偵って味があって大好きです。
-----
良い味ですよね。エラリー・クイーンとかと比べるとちょっと地味かも知れませんが。(*^_^*)
2008-01-26 Sat 09:53 | URL | hina_max [ 編集 ]
こんばんは!
法廷ものが好きで、ペリー・メイスンも随分読みました。
この作品でもH・M卿がいかに陪審員を納得させるかというところが面白かったです。
2008-01-27 Sun 23:18 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
>こんばんは!
>法廷ものが好きで、ペリー・メイスンも随分読みました。
>この作品でもH・M卿がいかに陪審員を納得させるかというところが面白かったです。
-----
コメントありがとうございます。
面白かったですね。カーは何年かに一度ブームが来ますね。(^^♪
2008-01-28 Mon 13:59 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。