輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ラナーク」 アラスター・グレイ を買いました

気になっていた”ラナーク”を楽天ブックスで購入しました。


ラナーク
3500円+税 国書刊行会 上下2段組 714頁

著者はスコットランドの作家 アラスター・グレイ でスコットランドでは20世紀最高最大の小説と称されカルト的な人気だそうです。

帯に ダンテ+カフカ+ジョイス+オーウェル+ブレイク+キャロル+α とありました。

長大な小説なので読書途中でも感想をアップしようと思ってます。
面白そうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

スコットランド文学の奇才アラスター・グレイの第一長篇にして最高傑作『ラナーク―四巻からなる伝記』は第三巻から始まる。記憶を持たない青年ラナークは退廃の色濃い都市アンサンクを彷徨し、謎にみちた奇怪な施設に収容され、やがて混沌と陰謀の渦巻いた大騒動にまきこまれる…悪夢的幻想世界での冒険を強靱な想像力で描く第三巻・第四巻。そして画家志望の少年ダンカン・ソーの友情と初恋、苦悩と幻滅をリアリズムの手法で瑞々しく描く第一巻・第二巻。二つの異なる世界は仕掛けに富んだ語りで絶妙に絡み合い、物語は鮮烈な黙示録的ヴィジョンをむかえる―SF・ミステリ・ファンタジー・半自伝・ビルドゥングスロマン・メロドラマ・文芸批評・メタフィクション等々あらゆるジャンル・小説形式をミックスした現代の叙事詩、ついに登場。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<気持ちの切り替えについて   | ホーム | 「グレイト・ウェイヴ」 クリストファー・ベンフィー>>

コメント

 すんごいボリュームですねー。
 
 私は冷たい校舎の~を手に入れました。これも結構なボリュームだったんですね。。
2008-01-18 Fri 08:46 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
表紙の絵もいい感じですねー。
ボリュームもあるし感想聞かせて下さいね♪
2008-01-18 Fri 18:06 | URL | チビーズ0439 [ 編集 ]
高い本ですが、ボリュームもありますし、面白そうですね。
2008-01-18 Fri 20:22 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
> すんごいボリュームですねー。
> 
> 私は冷たい校舎の~を手に入れました。これも結構なボリュームだったんですね。。
-----
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。凄い厚さ・・・・。
面白ければよいのですが。。。(*^_^*)
冷たい校舎は面白いですよ。泣けるし
2008-01-18 Fri 23:32 | URL | hina_max [ 編集 ]
チビーズ0439さん
>表紙の絵もいい感じですねー。
>ボリュームもあるし感想聞かせて下さいね♪
-----
コメントありがとうございます。
感想書きますね。どんな本なのでしょうか。楽しみです。(*^_^*)
2008-01-18 Fri 23:33 | URL | hina_max [ 編集 ]
やきまん十さん
>高い本ですが、ボリュームもありますし、面白そうですね。
-----
コメントありがとうございます。
国書刊行会の本なのできっと凄いのでしょう。
と期待してます。(*^_^*)
2008-01-18 Fri 23:34 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。