輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「グレイト・ウェイヴ」 クリストファー・ベンフィー


グレイト・ウェイヴ
著者 クリストファー・ベンフィー
小学館 3400+税
副題 日本とアメリカの求めたもの

評価 ★★★★★

オールド日本が黒船に仰天したとき、金ぴかのアメリカは美しい日本に恋をした。

この本の題 ”グレイト・ウェイヴ”とは、葛飾北斎の有名な絵 遠くに富士山その前に大波に翻弄されている小船。 神奈川沖浪裏 の事です。

ジョン万次郎と”白鯨”の作者、ハーマン・メルヴィルの数奇なすれ違いから始まります。

モースや岡倉天心、ラフカディオ・ハーン、ビゲロウ、パーシヴァル・ローウェル、ヘンリー・アダムスといった日本人以上に日本を愛した人々。

古き日本を記録してくれたのはこう言った外国人でした。
灯台もと暗しで自分達以上に細かく、日本の良いとこ、時には遅れているところを教えてくれます。 同時代のアメリカが金メッキの文明だったと批判しています。
なかなか面白い本ですよ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。






スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「ラナーク」 アラスター・グレイ を買いました | ホーム | 「なめくじ長屋捕物さわぎシリーズ」 都筑道夫>>

コメント

おー五つ★ですねー。なんだか私の知らない外国の方の名前が出てきてますねー。
2008-01-16 Wed 23:28 | URL | チビーズ0439 [ 編集 ]
チビーズ0439さん
>おー五つ★ですねー。なんだか私の知らない外国の方の名前が出てきてますねー。
-----
コメントありがとうございます。
この手の本(日本文化を知る)大好きなのです。(*^_^*)
自分も初めて知る人が沢山いました。
2008-01-16 Wed 23:52 | URL | hina_max [ 編集 ]
お早うございます。
面白そうな本ですね。早速図書館に予約を入れました。予約件数が低かったので、わりと早く回ってきそうです。
2008-01-17 Thu 07:33 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>お早うございます。
>面白そうな本ですね。早速図書館に予約を入れました。予約件数が低かったので、わりと早く回ってきそうです。
-----
コメントありがとうございます。
面白かったですん。大森貝塚を発見したモースのとこなんか凄く面白かったです。(*^_^*)
2008-01-17 Thu 22:54 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。