輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ミステリ百科事典」 間羊太郎 「本日の1冊(13748)」


ミステリ百科事典
著者 間羊太郎
文春文庫
評価 ★★★★★

ミステリ、探偵小説、推理小説の愛好者、ファンは必読のミステリ解説書じゃないかと思います。昔、今はなき現代教養文庫からでてました。

眼、首、バラ、虫、犬、猫、雪・・・・等々を題材にトリックや代表作の解説を載せてくれています。

パラパラと拾い読みするのに最高の本です。

渡辺東さんのイラストも最高に好きです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

眼、首、時計、人形、手紙…等々、ミステリやホラーで好んで用いられるモチーフ、トリックを、古今東西の名作、奇作から映画、落語に至るまで渉猟し、整理、解説した名著。北村薫、宮部みゆき両氏も絶賛の本書は、愛好家や作家志望の方はもちろん、手軽にミステリの蘊蓄を披露したい人にもお薦め。「妖怪学入門」収録の完全版。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<タングラム 貴婦人 | ホーム | 「首無の如き祟るもの」 三津田信三 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは!
これは初めて知りました。欲しくなりましたw
2008-01-07 Mon 23:55 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
>こんばんは!
>これは初めて知りました。欲しくなりましたw
-----
コメントありがとうござます。
これは持っていて損は無いと思います。
楽しいですよ。(*^_^*)
2008-01-08 Tue 23:04 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。