輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「衣裳戸棚の女」 ピーター・アントニイ


衣裳戸棚の女
著者 ピーター・アントニイ
創元推理文庫
評価 ★★★★☆

真相をしってあなたは、本を投げ出すか?それとも唖然、この手があったかと膝をうつか?

読んだあとトリックを忘れてしまう本はいっぱいあるけどこれはちょと忘れないと思う。

帯の”戦後最高の密室ミステリ”のコピーをあなたはどう判断するのだろうか興味あり。

最初の方のページで登場人物の挿画が楽しいです。
ドアも窓もしっかり鍵がおりている部屋。
射殺体と衣裳戸棚に押し込められたウエイトレスを中に閉じ込めて。

密室とユーモアの奇想天外なカクテル!(帯より)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「ダカーポ」休刊 | ホーム | 「ウォッチャーズ」ディーン・R・クーンツ 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは!
帯に”戦後最高の密室ミステリ”とあるんですか。
私は思わず絶句して、ちょっと笑ってしまいましたww なかなか味のある挿絵がいいですよね。
TBさせていただきます♪
2007-12-16 Sun 00:11 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
>こんばんは!
>帯に”戦後最高の密室ミステリ”とあるんですか。
>私は思わず絶句して、ちょっと笑ってしまいましたww なかなか味のある挿絵がいいですよね。
>TBさせていただきます♪
-----
こめんとありがとうございます。
ほんと笑ってしまいますね。(怒り出す人もいるかも)楽しい作品である事はたしかですが。
2007-12-16 Sun 16:34 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。