輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ウォッチャーズ」ディーン・R・クーンツ 「本日の1冊(13748)」


【古本】ウォッチャーズ 上/ディーン・R・クーンツ

今は手元になくて面白かった本を思い出すシリーズの一回目


クーンツのおそらく一番面白い本(自分は数冊しか読んでないのですが)
主人公と犬のアインシュタイン(ゴールデンレトリバーだったかな?)との交流が心に残る本です。敵役の黒い犬だったか、凄く怖かった気がします。アインシュタインを思わず応援したくなったと思います。犬好きの人は読んで損なしです。(*^_^*)

面白本です。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「衣裳戸棚の女」 ピーター・アントニイ | ホーム | 「日本三文オペラ」 開高健>>

コメント

こんばんは!
クーンツは1冊も読んだことがないんですよ。これが一番面白いんですね。メモしておきます♪
2007-12-15 Sat 00:45 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
>こんばんは!
>クーンツは1冊も読んだことがないんですよ。これが一番面白いんですね。メモしておきます♪
-----
コメントありがとうございます。
少ない中からの選出なので最高かどうかわかりませんが、思い白かったです。(*^_^*)
2007-12-15 Sat 10:36 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。