輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気になる本 「神なるオオカミ」


神なるオオカミ(上)
神なるオオカミ(下)

購入予定本です。
今、凄く気になってます。
中国の作者の本です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

文化大革命時代、北京の知識青年・陳陣は内モンゴルのオロン草原に下放され、現地の古老・ビリグのもとで羊飼いをはじめた。天の教えを守り、草原とともに生きる遊牧民の暮らしに魅せられていく陳陣。やがて、かれの興味は、遊牧民の最大の敵でありながら、かれらの崇拝の対象である「オオカミ」へと向かう。オオカミにのめりこんでゆく陳陣は、自らの手でオオカミの子を捕らえ、飼うことを夢見るのだが…。

ちょっと今、財布の中身が心細いので買えませんが読みたいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「月光ゲーム Yの悲劇’88」 有栖川有栖 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「国家の罠」 佐藤優>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。