輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「犯人に告ぐ 上」 雫井脩介   「本日の1冊(13748)」


犯人に告ぐ(上)
著者 雫井脩介(しずくい しゅうすけ)
双葉文庫
評価 ★★★★★

ブログ仲間の評判が良いので、読んでみました。
面白いですね。



劇場型犯罪に 、劇場型捜査で対抗する。
女子アナに対し、その息子を狙うような挑戦的、書簡を送りつけてきた、連続男児殺害犯人バッドマン。

この劇場型犯罪に 、TVを使った劇場型捜査で対抗する。

上巻ではTV出演初回だけど、これからどうなるのか楽しみ。


6年前の誘拐事件「ワシ」との関係は? 
その時のプッツン状態は一寸、違和感をもちました。
でも面白さには変わりありません。

巻島特別捜査官と津田長はなんか、踊る大走査線の織田裕二 といかりや長介 にダブル気がします。

どきどき・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「犯人に告ぐ 下」 雫井脩介 | ホーム | 「赤い館の秘密」  A・A・ミルン 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

かなりドキドキで続きが気になりまくりですよねーー(*´▽`*)
2007-10-20 Sat 09:34 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>かなりドキドキで続きが気になりまくりですよねーー(*´▽`*)
-----
コメントありがとうございます。
読み終わりました。面白かったです。(*^_^*)
2007-10-20 Sat 12:14 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。