輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今、気になる本 「本日の1冊(13748)」


ワープする宇宙

今一番、購入を迷ってる本です。”ワープする宇宙” 著者: リサ・ランドール
5次元時空の謎を解く。・・・・惹かれるな~。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

宇宙は、私たちが実感できる3次元+時間という構成ではないらしい。そこには、もうひとつの見えない次元があるというのだ。もし、もうひとつの次元が存在するのなら、なぜ私たちには見えないのか?それは、私たちの世界にどう影響しているのか?どうしたらその存在を証明できるのか?現代物理学の歩みから最新理論まで、数式を一切使わずわかりやすく解説しながら、見えない5番めの次元の驚異的な世界に私たちを導いていく。英米の大学でテキストとして使われている話題の著書Warped Passagesの邦訳。




本200%活用ブック

これはどんな本なのだろう?
少し興味あり。



国家と神とマルクス

佐藤優さんの著書。これも凄く読みたい。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

佐藤優(サトウマサル)
起訴休職外務事務官。1960年東京生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。ロンドン、モスクワの日本大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に勤務。外交官としての職務のかたわらモスクワ国立大学哲学部(弁証法神学)、東京大学教養学部(ユーラシア地域変動論)で教鞭をとる。外務省きっての情報分析官といわれるが、2002年5月、背任容疑で逮捕される。一審、二審とも執行猶予付きの有罪判決を受け、現在上告中。『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞を受賞(いずれも新潮社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

週末、書店に行くのが楽しみ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。



スポンサーサイト

雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「死霊1」 埴谷雄高 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | SAPIO 10/24号  「本日の1冊(13748)」>>

コメント

むむむ・・・
五次元ですか!?
かなり興味を惹かれました。

現在、「知的生活へのあこがれ」は189ポイントで3位でした。(^^)/
2007-10-12 Fri 22:11 | URL | カトミノ [ 編集 ]
カトミノさん
>むむむ・・・
>五次元ですか!?
>かなり興味を惹かれました。


>現在、「知的生活へのあこがれ」は189ポイントで3位でした。(^^)/
-----
コメントありがとうございます。

ワープする宇宙 かなり気になります。
どうしようかな。・・・・(*^_^*)

応援ありがとうございます。
2007-10-12 Fri 23:47 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。