輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ハサミ男」 殊能将之 「本日の1冊(13748)」


ハサミ男

著者 殊能将之
講談社文庫 2002/8/15

評価 ★★★★★ 2007/9/29(土)


面白いです。
自分にとって殊能将之 初作品でしたが見事、騙されました。

2重に騙されました。

前から知ってはいたのですがそのタイトルが何かひっかかっていて読まずにいました。
なんか、安易な題だな~。なんて思ったものですから・・・・。
で、ですが今は素直に読んでいれば、良かったですと思います。

2連続少女殺害事件、マスコミは”ハサミ男”と呼称。
3人目の犠牲者にすべく、目黒区の高校生、樽宮由紀子の生活パターンを調査中、図らずも
何者かに同様の手口で先をこされてしまう。そしてあろう事か、その第一発見者に。

殺人者が探偵となり、偽者のハサミ男を探し出そうとする。

小説は、ハサミ男のパートと警察のパートで構成されています。

ハサミ男が自殺未遂を繰り返すたびに現れる、別人格の医師との対話が面白い。
相当の読書家で知識が豊富、引用癖があるのも面白いです。

他にはミステリ好きの警官や、犯罪心理分析官が登場したりしています。

サイコスリラー+本格の味わいの作品

第13回メフィスト賞受賞作
殊能将之デビュー作

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。

スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<本を読んだらする事  私的本コラム | ホーム | 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

2001年に読んだので詳細は覚えていませんが、見事に騙された印象が強烈に残っています。
2作目の「美濃牛」もよかったです。
2007-09-30 Sun 17:30 | URL | yasukun0402 [ 編集 ]
yasukun0402さん
>2001年に読んだので詳細は覚えていませんが、見事に騙された印象が強烈に残っています。
>2作目の「美濃牛」もよかったです。
-----
コメントありがとうございます。
2作目もよかったですか?それは読まねば・・・。(*^^)v
2007-09-30 Sun 18:06 | URL | hina_max [ 編集 ]
なんだか、仮面ライダーの怪人の名前みたいですね。(^^)
2007-09-30 Sun 18:24 | URL | カトミノ [ 編集 ]
こんばんは!
確かに面白かったですね。
自分は、予約待ちで1999年に読んだような気がします。寡作な方ですよね。
2007-09-30 Sun 18:50 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
カトミノさん
>なんだか、仮面ライダーの怪人の名前みたいですね。(^^)
-----
ハハ・・・・
題だけみると そうですね。それで手に取らなかったのですが・・・。
2007-09-30 Sun 19:45 | URL | hina_max [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは!
>確かに面白かったですね。
>自分は、予約待ちで1999年に読んだような気がします。寡作な方ですよね。
-----
コメントありがとうございます。
食わずぎらい、読まず嫌いはいけませんね。
面白かったです。他の作品も読みたいです。(*^_^*)
2007-09-30 Sun 19:47 | URL | hina_max [ 編集 ]
私もだまされた口です(^_^;)他の作品もぶっとんでますよー。
2007-09-30 Sun 20:09 | URL | 筆頭番頭 [ 編集 ]
筆頭番頭さん
>私もだまされた口です(^_^;)他の作品もぶっとんでますよー。
-----
コメントありがとうございます。
面白かったですね。他の作品もですか?
期待大です。(*^_^*)
2007-09-30 Sun 20:44 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。