輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「君たちに明日はない」 垣根涼介 「本日の1冊(13748)」


君たちに明日はない

著者 垣根涼介
新潮文庫 H19/10/1

評価 ★★★★☆ 2007/9/28

山本周五郎賞受賞作

面白いです。
名作 ワイルド・ソウル とはまったく違うけど。

リストラ請負会社の 村上真介。仕事はリストラの面接官。
同じ会社の人事部では言いづらい面接を請け負う。

人間ドラマの中に恋愛や友情や社会が垣間見えます。

File 3. 旧友 File 5.去り行く者 の章は泣けました。

最初は??だらけだけど、中ごろから ぐいぐい物語に惹きつけられます。


恋人になる(怒れる女)陽子さんや派遣アシスタントの(白痴美人)川田美代子もいい味だしてます。

実際、どの会社もリストラを経験していると思います。
自分の勤めている会社でも今までに2度、そういう時期がありました。
なので、面接を受ける側に心情的に思いが行ってしまいますね。
あなたが悪いのではない・・・(中にはいるけど)

そんな人たちを相手にしている 村上真介、憎めないですね。
愛嬌たっぷりです。


何故か、奥田英朗のイン・ザ・プール を思い出しました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。

スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「精神と物質」 立花 隆、利根川 進 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

 おお、そういえば助手のおねーさんねー。
 伊良部先生んとこのセクシー看護婦まゆみちゃんに対抗してるのかな?w(ってことで思い出したんですよね?違ってたりして)

 しかし、この本は、なんか生々しい内容ですよねー。明日は我が身って感じで。
2007-09-28 Fri 21:35 | URL | ホンヤガヤマダ [ 編集 ]
おもしろそうですね!!この作家さんも読んだことないし、要チェックですね(*´ー`)
2007-09-28 Fri 21:42 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
ワイルド・ソウルは好みの設定・ストーリーなので読んでみたいのですが、これもおすすめなのですね。
2007-09-28 Fri 21:52 | URL | やきまん十 [ 編集 ]
ホンヤガヤマダさん
> おお、そういえば助手のおねーさんねー。
> 伊良部先生んとこのセクシー看護婦まゆみちゃんに対抗してるのかな?w(ってことで思い出したんですよね?違ってたりして)

> しかし、この本は、なんか生々しい内容ですよねー。明日は我が身って感じで。
-----
コメントありがとうございます。
ご推察の通りです。美人の助手つながりです(笑)

内容はシリアス、表現はやんわりかな。
2007-09-28 Fri 22:17 | URL | hina_max [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>おもしろそうですね!!この作家さんも読んだことないし、要チェックですね(*´ー`)
-----
コメントありがとうございます。
面白いです。リストラなんでちょっと考えさせられますが。
2007-09-28 Fri 22:18 | URL | hina_max [ 編集 ]
やきまん十さん
>ワイルド・ソウルは好みの設定・ストーリーなので読んでみたいのですが、これもおすすめなのですね。
-----
コメントありがとうございます。
ワイルド・ソウルとは、全然違いますが面白いです。(*^_^*)
2007-09-28 Fri 22:19 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。