輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」 井沢元彦 「本日の1冊(13748)」


「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」

著者 井沢元彦
徳間書店 第一刷 2004年11月30日
評価 ★★★★★

世界の1/3の人が信仰するキリスト教、1/5のイスラム教、そしてその元となったユダヤ教。

世界を理解する為には宗教を理解する必要があります。
日本人と大きく感覚を異にするのはその宗教感だと思います。

人を救うべき宗教同士が対立し紛争やテロを繰り返しています。
その疑問にこの本は答えてくれます。

一神教、それが答えの一つです。

一神教では神は一人です。
なのにキリスト、イスラム、ユダヤ それぞれが真の神は自分達の信じる神が本物だと主張しています。自分の信仰している宗教から他(宗教)を見ればすべて邪教なのです。

邪教の徒は極端に言えば”人”ではありません。単純な図式で説明するとこうなります。

一神教の成り立ち、歴史、考えをこの本は教えてくれます。

世界を動かしている宗教を知るのに、この本は良いと思います。

これからの日本の立場(日本的考え方)はますます重要になると感じます。

文庫化もされてます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「唐獅子株式会社」 小林信彦 | ホーム | 「冷たい校舎の時は止まる(下)」 辻村深月 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

気になっていた一冊です。
近いうちに読んでみたいと思っています。
ご紹介ありがとうございました。
2007-11-18 Sun 22:12 | URL | レーナマリア [ 編集 ]
レーナマリアさん
>気になっていた一冊です。
>近いうちに読んでみたいと思っています。
>ご紹介ありがとうございました。
-----
コメントありがとうございます。
世界を理解するにはその宗教を知る事が第一歩だと思います。井沢さんのこの本はわかり易く良いです。(*^_^*)
2007-11-18 Sun 22:39 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。