輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「北京五輪をボイコットせよ」 SAPIO 9月5日号 「本日の1冊(13748)」

最新号のサピオ(9月5日号)のメイン記事は

「北京五輪をボイコットせよ」だ。

巻頭部分で井沢元彦氏がワシントンで「北京五輪反対派」の議員にインタビューしている。

反対理由はいろいろだ。

人権問題。 
日本では殆ど報道されていない、ダルフール問題。
これは 中国が自国の資源を確保するためにアフリカ・スーダンの独裁政権を武器を大量供与する事で支え結果的に住民20万人を虐殺死に追い込んだというホロコーストにも匹敵する一大悲劇。 フランスでも北京オリンピックボイコットの動きがあるのはっこのダルフール問題への関心が高い。

環境問題

中国がまさに「地球的問題」である理由は「倫理なき資本主義」による環境破壊である。
(大気汚染や食の安全を顧慮し)英国とオーストラリアは五輪直前まで選手を現地入りさせない。 また競技に影響がでて世界記録の樹立は不可能との予測もある。そればかりかマラソン競技は死のロードレースとなる危険がある。

スペシャルレポートは ここまできた!日本人のモラルハザード
です。

今号も考えさせる内容です。
スポンサーサイト

読書 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「四季 夏」 森博嗣 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 時間は平等か?>>

コメント

 『倫理なき資本主義』いい言葉です。
今の中国にぴったりです。子供に刀を持たせるもので
アブナックって近寄れない。ところでしょうか。
2007-08-11 Sat 03:52 | URL | シーアンモナイト [ 編集 ]
シーアンモナイトさん
> 『倫理なき資本主義』いい言葉です。
>今の中国にぴったりです。子供に刀を持たせるもので
>アブナックって近寄れない。ところでしょうか。
-----
コメントありがとうございます。
特集を読むとほんとに恐くなります。
2007-08-11 Sat 09:16 | URL | hina_max [ 編集 ]
ダンボール肉まんといい、やれるとこまで突っ走るのが中国人っていう印象がありますね。サピオ読んでみたくなりました。
2007-08-11 Sat 20:25 | URL | RICARDO [ 編集 ]
RICARDOさん
>ダンボール肉まんといい、やれるとこまで突っ走るのが中国人っていう印象がありますね。サピオ読んでみたくなりました。
-----
コメントありがとうございます。
人権、環境問題、食品、是非読んでみてください。
改めて、中国と言う国を実感させられます。
2007-08-12 Sun 12:42 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。