輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ZOO 2」 乙一 「本日の1冊(13748)」



ZOO 2

「ZOO 2」 
著者 乙一
集英社文庫

評価 ★★★★☆

ZOO 2を読了しました。

1と同様どういう展開か読めない。一作毎に違った味ですね。

2には6篇の短編(内最後の1作はショートショート)が納めらています。

「血液を探せ!」
深刻な話なのに笑ってします。ありえない設定に”なんだこれ”って感じですね。

無痛症の資産家が朝、目を覚ますと血だらけ。出血多量で意識が無くなるまでにあるはずの輸血の血液を見つけないと。取り巻く、家族が資産を狙っている状態ではたして血液はどこに?

「冷たい森の白い家」
なんとも気持ちの悪いはなし。主人公は虐待から顔の真ん中に穴があります。人の顔に見える石でできた馬小屋で生活していたのですがそこも追い出されてしまいます。そして主人公は人で家を造る事にします。・・・・

「Closet」小説家の義弟を殺しクローゼットに隠したのですが。殺人内容のメモが毎日投函されて・・・

「神の言葉」自分の言葉が現実となる。恐ろしい話です。

「落ちる飛行機の中で」
ハイジャックされた飛行機。1時間後にはT大めがけてに突っ込む状況のなかで、安楽死の薬を買うかどうかやりとりする乗客。笑ってしまいます。

「むかし夕日の公園で」
砂場の砂の中には?

多才なのか乙一さんと言う作家の傾向と言うかジャンルが判りません。もっと読むべきなのでしょうね。
単純に面白いのでそれだけ良いのですが。

スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「ピーターパン・エンドロール」 日日日 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「四季 春」 森博嗣 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

前にZOOを読みました。一話一話違った作品でおもしろかったです。
2も面白そうですね、読んでみたいです。
2007-08-05 Sun 16:03 | URL | チビーズ0439 [ 編集 ]
チビーズ0439さん
>前にZOOを読みました。一話一話違った作品でおもしろかったです。
>2も面白そうですね、読んでみたいです。
-----
コメントありがとうございます。
面白かったです。機会があったら読んでみてくださいね。(*^^)v
2007-08-05 Sun 16:11 | URL | hina_max [ 編集 ]
こんばんは!
私は乙一さんが大好きです。
単行本になっている本、文庫本にしかなっていない本も今現在出版されている本は読みました。作品が少ないのが寂しいですね。でも、それだからこそ、それなりに思いのある作品が、それぞれに出来上がっているのでしょうか? 私は「コーリング」「君にしか聞こえない」「GOTH」が特に好きです。
2007-08-05 Sun 22:30 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは!
>私は乙一さんが大好きです。
>単行本になっている本、文庫本にしかなっていない本も今現在出版されている本は読みました。作品が少ないのが寂しいですね。でも、それだからこそ、それなりに思いのある作品が、それぞれに出来上がっているのでしょうか? 私は「コーリング」「君にしか聞こえない」「GOTH」が特に好きです。
-----
ありがとうございます。
全部読まれているのですね。凄いですね。(*^_^*)
自分はこのZOOがはじめてなので逆にこれからが楽しみです。

2007-08-05 Sun 23:23 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。