輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

凛の国


=================
凛の国
前野 徹
講談社+α文庫
686円(本体)
評価 ★★★★☆
================

ほんとうの日本の良さを現在は失っている。
敗戦後、日本人の矜持はどこにいってしまったのか
戦後、GHQ による日本支配の傷跡は、日本人から 独立の気概を奪い、
アメリカのいいなりとなっている。

今、本当の歴史を振り返り、本来の日本の姿をその素晴らしい姿を再発見しなければいけない。この本はそれを教えてくれる。

真の姿は今の世界にはない。




林明日香さんのこのCDもいいよ。(*^_^*)


スポンサーサイト

読書 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<1989綛 | ホーム | ワイルド・ソウル>>

コメント

う~ん確かに。
この頃の日本は言い方は悪いですが、アメリカの金魚のフン‥
いや、言い方変えましょう、アメリカの腰巾着のようですね〃
最近の日本は乱れきっています。
でもこの頃みなさんそのことに気づいてきているようにも思えます*
落ちるところまで行かないと気づかないことってたくさんあるのかもしれませんね〃
これから少しづつ日本が変わっていくことを願っています*
この本私も読んでみたいですね*
いつも良い本を紹介して頂いてありがとうございます*参考にさせていただきます*
2007-04-12 Thu 13:06 | URL | emi7160 [ 編集 ]
こういう本、大好きなんです!!いつまでも欧米コンプレックス抱えてないで、日本に誇りを持つようにしないと!!っていつも思ってるもので(笑)
この本、絶対買います!!(’-’*)
2007-04-12 Thu 14:32 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
emi7160さん
コメントありがとうございます。
そうですね。最近、日本を見直す風潮、今をなんとかしないとと、思っている人々が増えている様に感じますね。一人でもそう考えていけば日本も変わるのではないでしょうか。
2007-04-12 Thu 22:38 | URL | hina_max [ 編集 ]
さゆみ1194さん
コメントありがとうございます。
少しでも、日本の歴史(特に近現在史)を見直し
アジアで殖民地とならず、独立を守りきった先人たちの偉業を正しく評価しないといけないと思います。
2007-04-12 Thu 22:41 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。