輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「孔子暗黒伝」 諸星大二郎 「本日の1冊(13748)」



孔子暗黒伝

諸星大二郎 著

集英社文庫

評価 ★★★★★

ご存知、諸星大二郎の傑作。
何度読んだ事か。 中国史、 否、世界の成り立ち 根幹への思索。

自分はこの本で諸星大二郎を知り、そしてその魅力の虜となりました。

指南車、玄武、梵天の塔、麒麟、アートマン、ブラフマン、孔子

その圧倒的ディテールから生み出させる、妖しい物語。
宇宙の成り立ちまで。

時の始めに太極あり!太極より相生・相剋おこり万物化生して世界(宇宙)となる!
しかれども世界は陰陽きわまりてついに反生に転じ太極にむかいて収斂す。

最後の何ページかは、食い入る様に読む事になります。

諸星大二郎、未体験の人は幸福です。
こんな面白いマンガがこれから読めるのですから。 

絵に好き嫌いあるかも (笑)


スポンサーサイト

マンガ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「奇偶」 上巻 山口雅也 「お勧めの本(45900)」 | ホーム | SAPIO 8月8日号 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

タイトルが思い出せないんですが、面白かったです。(^^)/
ある町の中で起こる奇想天外な出来事を主人公の女の子二人が解決していくというストーリーです。
(「由美と優子」のようなタイトルだったと思います)。

あと、これまたタイトルが思い出せないんですが、おそらく諸星大二郎がデビューしたての頃の作品で、
異次元世界を舞台にした作品があったと思います。
ケイブンシャの「漫画家入門大百科」という本に扉だけ載ってたんですが、
その絵がエッシャーのだまし絵を彷彿とさせるものがあって、とても興味を惹きました。
うーん、タイトルが思い出せないなあ・・・
2007-07-28 Sat 05:21 | URL | カトミノ [ 編集 ]
カトミノさん
>タイトルが思い出せないんですが、面白かったです。(^^)/
>ある町の中で起こる奇想天外な出来事を主人公の女の子二人が解決していくというストーリーです。
>(「由美と優子」のようなタイトルだったと思います)。

>あと、これまたタイトルが思い出せないんですが、おそらく諸星大二郎がデビューしたての頃の作品で、
>異次元世界を舞台にした作品があったと思います。
>ケイブンシャの「漫画家入門大百科」という本に扉だけ載ってたんですが、
>その絵がエッシャーのだまし絵を彷彿とさせるものがあって、とても興味を惹きました。
>うーん、タイトルが思い出せないなあ・・・
-----
コメントありがとうございます。
諸星さん、面白いですね。
この内容、ちょっと探してみますね。

あっそうそう、この前、明治ミルクチョコレートパズルを買いましたよ。とりだしたのですが、戻せていません。(甘口なのに) 悔しー (*^_^*)
2007-07-28 Sat 10:38 | URL | hina_max [ 編集 ]
読んでみたい本ですね!
夏休みで日本に帰るときに是非買って読んでみます。
2007-07-30 Mon 13:46 | URL | shinoper [ 編集 ]
shinoperさん
>読んでみたい本ですね!
>夏休みで日本に帰るときに是非買って読んでみます。
-----
是非読んでみて下さいね。思いっきり好きになるか、全然、受け付けないかのどっちかです。楽しみにしてます。感想きかせてくださいね。(*^_^*)

2007-07-30 Mon 22:34 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。