輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「思考の整理学」 外山滋比古 「本日の1冊(13748)」



思考の整理学

著者 外山滋比古

ちくま文庫
評価 ★★★☆☆

このブログのタイトルからすれば この様な本の紹介が筋かもしれません。
そもそも、このブログタイトルをつけたのは、知的生活とは、を主題にその
方法、模索、活動をつづっていこうと思ったのですが、読書日記中心となっております。

まあ面白いものは面白いので趣味の範囲ですし、許していただきたいと思います。

この著者は 前に「知的創造のヒント」を読んだ事があります。
本書の内容もそれとダブっているところがあると思います。

第2章のスクラップやカード、ノートを使用した情報整理のところは、興味のある分野なので面白いです。

そのほかにも今の教育はグライダー型(誰かが牽引して飛べる)で 自力で空を飛べる 飛行機型へ する方法を考えなければいけない 等々。考えさせられる内容が続きます。

なかなか面白いです。

それにしても ちくま文庫は高いです。(笑)
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。